飲み込むだけでOK!体内環境をスマホでチェックできる「スマートピル」

ロイヤルメルボルン工科大学が開発した「スマートピル」は、飲み込むことで体内環境を調査し、そのデータをスマホなどで確認できるもの。開発したのは、過去にもモバイルで確認できる大気汚染検知器を製作した、Kourosh Kalantar-zadeh教授です。

自分の体に合った
食事・薬の服用が可能に?

テストは、人間と消化器官の仕組みが似ている豚で行われ、2つの食事療法を比較。食物繊維の摂取量が違った場合に、小腸と大腸でどんな変化が起こるのかを調査しました。

「ローファイバーダイエットをした場合、小腸で発生する水素の量は、ハイファイバーダイエットと比べ、4倍も多いことがわかりました。これまでは、食物繊維が多いほど発酵してガスが発生するものと考えられていただけに驚きました。このピルなら、体内で何が起きているのか、より正確に把握できます。食べものによってどんな影響があるのか、食事療法の効果や薬を飲んだときの反応も詳しくわかるようになるでしょう」

この調査結果から、いくつかの消化器系疾患の治療法を前進させる結果が得られたとか。さらに、これまでIBS(過敏性腸症候群)の治療には、ローファイバーダイエットが効果的だと考えられていましたが、真逆の結果に。いまのところ、動物での実験にすぎませんが、2ヶ月以内には臨床試験が予定されています。

2016年1月13日の「Mashable」によれば、将来的にだれでもどこでも購入できるようになり、自分の体に合った食事が分析できるようになるのだそう。食に関する健康効果の話題は流動的ですが、本来考えられて然るべき個人差をより正確に知った上で、健康的な食事や薬の服用ができるようになるかもしれません。

Reference:Mashable
Licensed material used with permission by RMIT University
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
「避妊用ピアス」……っていったい何?ざっくり説明すると、ピアスのキャッチ部分に、低用量ピルなどの避妊薬にも含まれるホルモン製剤を含有するパッチが付いている...
「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。アラーム音は、起きたい人だけ聞くことができる優れもの。パートナーと迎える朝が、より穏やかなものになりそう。
メルセデス・ベンツのスプリンターに快適な空間がプラスオンされました。製造したのはアメリカのLeisure Travel Vans社。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
「Emglare」は心拍数を測定してくれて、心電図の記録もサポートしてくれるスマートウェア。異常が見つかった場合はアラートを出してくれる機能もある。
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
僕は、毎朝バタバタと準備をしてしまうタイプ。というのも、アラームを止めてからもついつい二度寝をしてしまうことが多いから。気付いた時には、急いで準備をしなき...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
今までゴツくて重いとまだ課題が残されているスマートメガネ。アメリカのスタートアップ企業が開発した「Alpha Glass」は普段使いに利用できる初のカジュ...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
一生涯の保証付きでモバイルバッテリー内蔵、ハンガーごとシャツも収納できて遠隔でスマホを使い鍵の開け閉めができる。使いたくなる機能たっぷりのスマートキャリー...