好みの機能をプラスできる「スマートコンセント」。

なるほど。デッドスペースは、ここにもあったか。目から鱗が落ちた。

その場所とは、コンセントとコンセントの間のスペース。そんな壁コンセントの真ん中をモジュール型にして、様々な機能をプラスできるようにしたのが「Swidget」。

差しこむだけで、「USBポート」「モーションセンサー」「セキュリティカメラ」「ナイトライト」「赤外線コントロール」「ワイレレス電源オン・オフコントロール」「スピーカー」「アロマテラピー」などに変化するのだそうだ。

スマートフォンから
遠隔操作ができる

スマートフォンから家電を遠隔操作するスマートホーム。近年は、ますますその流れが強くなっているけど、Swidgeなら、手持ちスマホから遠隔操作やモニタリングができるのだ。

たとえば、コンセントにさしっぱなしになっている家電のオン/オフの切り替え、留守中の自宅への侵入者の察知、そして、赤ちゃんを見守るカメラ代わりにもなるとのことだ。

Kickstarterで
2倍以上の資金調達に成功

Swidgetは、「Kickstarter」で目標額を達成。ゴールの40,000ドル(約447万円)の2倍以上の105,886ドル(約1,181万円)を集めたようだ。それだけこの商品は革新的であり、待ち望まれていたということが分かる。

残念ながら、今回のスペックは、北アメリカ企画に準じており電圧は120V。また、現段階では、差し込むモジュールの種類も限られている。ということは、再びクラウドファウンディングされる可能性もあるってこと。その時に向けてチェックしておこう。

この記事を読んで、Swidgetの詳細が知りたくなったらこちらへ。

Licensed material used with permission by Swidget
他の記事を見る
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
キックスターターにて、earth technologiesから開発中の「Pluto by earth」のモバイルバッテリーがとてもスタイリッシュでコンパク...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。アラーム音は、起きたい人だけ聞くことができる優れもの。パートナーと迎える朝が、より穏やかなものになりそう。
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...
海外旅行に出かけるとき、いかに荷物をコンパクトにするかはいつも頭を悩ませるところ。大したものは入れてなかったつもりでも、ちりも積もれば…で、いつの間にかス...
フィットネスや健康管理に特化したスマートグラスが話題の昨今ですが、ここで紹介したいのは、一見機能が満載のスマートメガネには見えない「Vue」。「Kicks...
人工知能や音声認識システムを、IT機器や家電に取り入れた商品がトレンドになりつつある。こうしたスマート家電の活用とともに、未来の家はより便利にスマートにな...
今までゴツくて重いとまだ課題が残されているスマートメガネ。アメリカのスタートアップ企業が開発した「Alpha Glass」は普段使いに利用できる初のカジュ...
一生涯の保証付きでモバイルバッテリー内蔵、ハンガーごとシャツも収納できて遠隔でスマホを使い鍵の開け閉めができる。使いたくなる機能たっぷりのスマートキャリー...
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
睡眠状態とバイタルサインから、寝ている間に健康管理をしてくれるスマートリングが開発された。フィンランド生まれの「OURA」。洗練されたミニマルなデザインは...
昔のドラマや映画の空港のシーンで、パタパタと黒い板が反転して文字が表示される「反転フラップ式案内表示機」を見たことありませんか。それが、手に入ります。
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...