かなりお高めな「高機能メッセージボード」をスマホで遠隔操作!

昔のドラマや映画の空港のシーンで、パタパタと黒い板が反転して文字(フライト時刻)が表示されるアレ、目にしたことはありませんか?

「反転フラップ式案内表示機」というそうですが、電光掲示板にはないあのレトロな魅力を持つ掲示板が、家庭や職場で使用できるようになりそうです。

たとえば、こんな感じ。

61338216405401605299120516366336

家族間でのメッセージボードに

5263039569854464

小さめの黒板やホワイトボードを玄関などに置いて、家族間で不在時にメッセージをやりとりしている人もいると思いますが、この「Vestaboard」ならリビングをもっと洗練された空間に演出できるかも。

5967881820962816

サイズは、53cm×94cmとコンパクト。家庭やオフィスでも利用しやすそうです。

表示は、23文字×7行の最大161文字分。アルファベットや数字、記号が70種類も表示できるようになっています。

外出先から遠隔操作も可能!
TwitterやGoogleカレンダーとの同期も

5317988844568576

無線LANでスマホと連携すれば、専用アプリでボードに表示する文章を簡単に入力できます。

TwitterやGoogleカレンダーなどと同期も可能!

手書きと違い情報の漏れもなさそうだし、使い方の幅も広がりそうですね。遠隔操作もできるため、家にいる子どもたちにちょっと伝言したいときにも便利。

5904844049088512

7色表示できるから、文字を表示せずにちょっとしたパターンを作ってもインテリアに映えそう。

5809903394357248

しかし、価格は3,495ドル(約39万円)とかなりお高め。 現在同ブランドのサイト内で予約受付中で、出荷は2018年末頃になるそうです。

気軽に買える値段ではないけれど、部屋の模様替えをしたいと思っている人には、懐かしくて新しいアクセントになるかもしれません。

Licensed material used with permission by Vestaboard, Inc.
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
猫背が癖になってしまい、貧相に見えると周りから注意されがち…。そんな悩みを解決してくれるかもしれない、姿勢矯正ガジェット「UpRight」を紹介します。1...
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
iPhone 8/8 PlusやiPhone Xが「Qi」に対応したことで、ワイヤレス充電が注目されるように。でも、ネックなのは”置く”という動作。ここで...
ここで紹介するのは、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」。黒板というアナログなものが変わることで、先生や生徒だけでなく、授業や学校すらも変える。...
139ユーロ(約1万8千円)で資金調達中の「COVI」は、音声操作機能を搭載したデスクライト。話しかけるだけで、点いたり、消えたり、音楽を流したり、質問に...
従来のように「画用紙にペン」で絵を描くのと同じようにPCモニタに思いのままにスケッチしていく。今じゃこんなことも当たり前の時代、は数年前から到来していまし...