多機能すぎる次世代スマートベッド「HiBed」とは?

2008年の設立以来、デザインとテクノロジーの力で家具業界に革新を起こしてきたイタリアの企業「Hi-Interiors」から、第2世代のスマートベッド「HiBed」が発表された。

第1世代にあたる「HiCan」の進化版であるHiBedのデザインは、イタリアの建築家兼デザイナーであるFabio Vanilla氏が手がけており、シンプルで洗練された美しいフォルムはどんな部屋にも馴染む。

HiBedには、電動遮光カーテン、高さや角度の調節機能、調光可能な照明、高音質なスピーカー、70インチのフルHDプロジェクターが搭載されており、究極のリラックス姿勢でNetflixやYoutubeを大画面で楽しむことが可能だ。

さらに、このスマートベッドは“ウェルネス機能”として「睡眠モニター」と「生体認証モニター」を搭載。温度やベッドの角度を調整しながら最適な睡眠環境も整えてくれる。

この夢のようなベッドは、2020年の発売に向けて現在予約受付中だ。

 

Top image: © Hi-Interiors
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
人生の1/3もの時間を過ごすベッドには、肉眼では見えない細菌やウイルス、ダニがたくさん!そんな健康に被害を及ぼす可能性があるものを除去してくれる「お掃除ロ...
アメリカで開発されたフローティングベッド「Splash Runner」には、モーターが付いています。手でハンドルを操作すれば、自由自在に移動ができる仕組み。
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
イタリアのプレミアム・カジュアルブランド「Mr & Mrs Italy」が待望の日本上陸!9月14日、青山に日本初の直営店がオープンする予定だ。多くの海外...
「Koala Sleep Japan」より、素材や製造などすべての工程で動物性素材不使用の「ヴィーガンなベッドフレーム」が登場。デザイン性と機能性に溢れた...
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
9月2日、「ボッシュ」が発表した「eStroller」という“電動スマートベビーカー”が話題を集めている。スマホと連携することで、より安全に、より便利にな...
「タオル+プロ」は、ワークアウトをサポートする多機能タオル。ジッパー付きのポケットがあるので小物はそこへ収納できます。他にも、ジムユーザーに便利な機能付きです。
大好きな部屋の大好きなベッドで、一日中まったり過ごしたい。…とは言っても、結局は読みたい本を取りに行ったり、音楽をかけてコーヒーを入れてさあ準備OK、と思...
見てください!ぐしゃぐしゃになったベッドの上が…足元にシーツが固定されており、側面からニョキっと出てきたアームによって引っ張って整えます。これなら、もう掛...
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
7月16日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「QuenchSea」は、海水をきれいな真水に変える携帯浄水...
朝、ベッドから起きるのがつらい季節ですね。ぬくぬく、もう少しだけ入っていたい…と思いつつも、意を決してバーン!おそらく布団を整えないまま外出する人もいるで...
仲の良いカップルが毎晩ベッドルームでしている「7つのコト」をご紹介。パートナーと一緒に読んでみて。
イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...
日々の時間を“見える化”することで自己管理に役立てる、ボタン型のIoTデバイス「kotobo」。
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...