ぐちゃぐちゃのまま出かけても、自動で「ベッドメイク」してくれる時代

朝、ベッドから起きるのがつらい季節ですね。ぬくぬく、もう少しだけ入っていたい…と思いつつも、意を決してバーン!

おそらく布団を整えないまま外出する人もいるでしょう。そこで、このGIFをご覧ください。

試作段階の映像とのことですが、布団が自動できれいに!つまり、夜に疲れて帰宅したら、ベッドがきれいにメイキングされているということ。まるでホテルです。

この「ベッドを整える」という作業は意外に時間がかかるし、面倒くさいもの。また、見方を変えれば、お年寄りや体が不自由な人にとっては重労働でもあります。

そして、このプロダクトが「Kickstarter」でクラウドファンディングしていたのです。もうベッドメイクとはおさらばできるかも!?

スマホと連動して
決まった時間にベッドメイク

SMARTDUVET(スマート・デュベ)」と名付けられた、この布団システム。構造はとても簡単です。グリッド状になったバッグに空気を送り込んで、掛け布団をまっすぐに、かつきれいに整えるというもの。

専用アプリを使えば、遠隔からの操作も可能だとか。毎日決まった時間を指定しておけば自動でベッドメイクしてくれるし、曜日ごとの設定もできるので「日曜はゆっくり寝ていたいから遅めの時間に」なんてのもあり。

セットアップは
掛け布団カバーに入れるだけ

セットアップは、グリッド状のシートを、掛け布団と掛け布団カバーの間に入れるだけ。ズレないように留めておく付属の器具で固定し、空気を送り込むホースを繋いで準備完了。

本体は、ベッドの下にでも置いておきましょう。

シングル、ダブル、クイーン、キングとサイズ展開もばっちりで、専用の掛け布団ごと買うことも可能だそう。クラウドファンディングには成功したようなので、1日も早い市販化に期待したいところですね。

ちなみに、 Kickstarterではどのサイズも199ドル(約23,000円)でした。実際はもう少し高い販売価格になりそうですが、ベッドメイキングの手間から解放されること&毎日きれいなベッドに入れることを考えると、意外に安い買い物かも?

Licensed material used with permission by SMARTDUVET
見てください!ぐしゃぐしゃになったベッドの上が…足元にシーツが固定されており、側面からニョキっと出てきたアームによって引っ張って整えます。これなら、もう掛...
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
格子状の軽量シートで掛け布団カバーの中に入れると、アプリでベッドの温度調節ができるんです。
ホテルの寝具が心地いいのは、ビシッとセッティングされたベッドのおかげ。自宅でも簡単にプロのベッドメイキングを再現できるよう、分かりやすく写真と動画でみてい...
AI搭載アイマスク『Luuna』が、あなたが抱えている睡眠に関する悩みを解消してくれるかもしれません。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たと...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
あなたの恋人は、腕枕をしてくれますか?どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極める...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...