ぐちゃぐちゃのまま出かけても、自動で「ベッドメイク」してくれる時代

朝、ベッドから起きるのがつらい季節ですね。ぬくぬく、もう少しだけ入っていたい…と思いつつも、意を決してバーン!

おそらく布団を整えないまま外出する人もいるでしょう。そこで、このGIFをご覧ください。

77172540408a1f35194d77fcd726c615d206ac51

試作段階の映像とのことですが、布団が自動できれいに!つまり、夜に疲れて帰宅したら、ベッドがきれいにメイキングされているということ。まるでホテルです。

この「ベッドを整える」という作業は意外に時間がかかるし、面倒くさいもの。また、見方を変えれば、お年寄りや体が不自由な人にとっては重労働でもあります。

そして、このプロダクトが「Kickstarter」でクラウドファンディングしていたのです。もうベッドメイクとはおさらばできるかも!?

スマホと連動して
決まった時間にベッドメイク

E264475aed43aa8e4b23ae15839e0207751f7a26

SMARTDUVET(スマート・デュベ)」と名付けられた、この布団システム。構造はとても簡単です。グリッド状になったバッグに空気を送り込んで、掛け布団をまっすぐに、かつきれいに整えるというもの。

Ce939b7df4a585c099e1c3187ebb816bda3aa98c

専用アプリを使えば、遠隔からの操作も可能だとか。毎日決まった時間を指定しておけば自動でベッドメイクしてくれるし、曜日ごとの設定もできるので「日曜はゆっくり寝ていたいから遅めの時間に」なんてのもあり。

セットアップは
掛け布団カバーに入れるだけ

258e74dbe241dd79bde366024ce09b9a852a49f14f737b98849bd10db37760ff8914ac667e690396

セットアップは、グリッド状のシートを、掛け布団と掛け布団カバーの間に入れるだけ。ズレないように留めておく付属の器具で固定し、空気を送り込むホースを繋いで準備完了。

本体は、ベッドの下にでも置いておきましょう。

シングル、ダブル、クイーン、キングとサイズ展開もばっちりで、専用の掛け布団ごと買うことも可能だそう。クラウドファンディングには成功したようなので、1日も早い市販化に期待したいところですね。

ちなみに、 Kickstarterではどのサイズも199ドル(約23,000円)でした。実際はもう少し高い販売価格になりそうですが、ベッドメイキングの手間から解放されること&毎日きれいなベッドに入れることを考えると、意外に安い買い物かも?

Licensed material used with permission by SMARTDUVET
見てください!ぐしゃぐしゃになったベッドの上が…足元にシーツが固定されており、側面からニョキっと出てきたアームによって引っ張って整えます。これなら、もう掛...
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
ホテルの寝具が心地いいのは、ビシッとセッティングされたベッドのおかげ。自宅でも簡単にプロのベッドメイキングを再現できるよう、分かりやすく写真と動画でみてい...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たと...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
生活や仕事に欠かせなくなってきた「機械」と、その「自動化」。私たちの過酷な労働力を少しでも軽減させ、効率の良い仕事ができるようにと、様々な機械が発明され、...
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
あなたの恋人は、腕枕をしてくれますか?どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極める...
ジャック・ジョンソン、ノラ・ジョーンズ、MOBY、大物アーティストたちが自宅のベッドルームで、あるいはレコーディングスタジオに布団を持ち込んでプレイする。...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
家具にもいろいろあるけれど、サイドテーブルに関して言えば「ないと困る」という人と「部屋に置いた試しがない」という人で意見が分かれそうだ。ただ普段は使ってな...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。