会議での会話を自動でテキスト化するアプリ「Otter」

オンラインでの会議が定着してきた今日この頃。

それに伴い、さまざまなツールが登場してきたが、「Otter」というソフトウェアはご存知だろうか?

「Otter」は、AI技術を活用して、PCやスマートフォンで録音した英語音声をリアルタイムでテキスト化してくれるサービス。

「Zoomミーティング」に参加させる設定をおこなうと、自動的にミーティングへと参加をし、会議中に参加者全員の発言をすべて記録してくれるというのだ。

書き起こしの際には、前後の文脈にも合わせて文章を自動修正。さらに、発話者の音声を識別して、特定の人物が発した言葉のみを抽出することもできるらしい。

会議における議事録作成、インタビューの書き起こしなどにおいて、大幅な効率化が見込めるというわけだ。

同ツールには、さまざまなプランが用意されているが、無料で使用できるベーシックプランでも、月当たり最大600分の音声データの書き起こしが可能

まだ日本語音声への対応はしていないが、同社は今年3月「NTTドコモ」と日本市場での展開について契約を結んだことも発表している。

日本市場におけるマーケット展開に関して、さまざまなパートナーと連携強化をしていくとのことだ。

© Otter_ai/YouTube
Top image: © 2021 Otter.ai
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事