待ってた!「究極のスマートベッド」でレッツ横着生活!

日に日に朝晩の冷え込みが厳しくなり、お布団から離れがたい今日この頃。

「布団から一歩も出ずに、一日を過ごせたらいいのに......」なんて横着なことを考えちゃってるアナタに朗報

ラスベガスの家具メーカー「Jubilee Furniture」から「Hariana Tech Smart Ultimate Bed(究極のスマートベッド)」(約30万円)が発売された。

「究極」を銘打つ理由は8つ。

リモコン付きマッサージチェア、Bluetoothスピーカー、本棚、読書灯、空気清浄システム、PC作業用デスク、充電ステーション、リクライニング機能がベッドひとつに集結しているのだ。

とくにマッサージチェアは、付属のものとあなどることなかれ。

8つの温熱振動モーターで筋肉をほぐすパワフルさと、9つのモードから選べる繊細さを兼ね備えた優れもの。

© Jubilee Furniture Las Vegas/YouTube

ふかふかのリクライニングベッドで作業できるうえ、万が一疲れてもすぐに癒してもらえるなんて……と夢見心地になるが、同時に「ここから動けなくなる危険性」をはらんでいることも忘れてはいけない。

このスマートベッドは天使なのか、はたまた悪魔なのか?

残念ながら、現時点ではアメリカ国外への配送は未対応。全20色のなかから、メイン色と差し色を選べる公式サイトで、シミュレーションを楽しみながら続報を待とう。

Top image: © 2020 Jubilee Furniture
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
NetflixやYoutubeを大画面で視聴できる「巨大スクリーン」と「高性能スピーカー」がついた夢のようなスマートベッド「HiBed」には、そのほかにも...
人生の1/3もの時間を過ごすベッドには、肉眼では見えない細菌やウイルス、ダニがたくさん!そんな健康に被害を及ぼす可能性があるものを除去してくれる「お掃除ロ...
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
アメリカで開発されたフローティングベッド「Splash Runner」には、モーターが付いています。手でハンドルを操作すれば、自由自在に移動ができる仕組み。
美容家電企業「HiMirror」が発売する『HiMirror Slide』は、スライド式のタブレットを備えた化粧鏡。タブレット画面を利用して、YouTub...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。アラーム音は、起きたい人だけ聞くことができる優れもの。パートナーと迎える朝が、より穏やかなものになりそう。
「Koala Sleep Japan」より、素材や製造などすべての工程で動物性素材不使用の「ヴィーガンなベッドフレーム」が登場。デザイン性と機能性に溢れた...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
「Amazon」の純正スマートプラグ「Amazon Smart Plug」が7月15日(水)から販売。IoT化されていない家電が手軽にスマート化できるのが...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...
オーストラリア発の家具ブランド「コアラ」より、第1弾商品「コアラソファーベッド」がデビュー。
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
米スマート家電メーカー「eufy」開発によるスマート宅配ボックス「SmartDrop」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で大きな注目...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
AIによる自動コントロールで除菌もできちゃうスマート加湿器「DUNHOME」。