WHOが緊急事態宣言 世界中を脅かす「ジカウイルス」 とある企業が開発したワクチンが、驚くべきスピードで臨床試験へ

2016年2月1日。「WHO」は、温暖地域を中心に拡がるジカウイルスが、米国で確認された小頭症やギラン・バレー症候群の発症例に強く関連しているとして、緊急事態を宣言。2月5日には、同ウイルスが33カ国に拡散しているとレポートを発表しました。

一方、2月3日の「NDTV」によれば、インドの製薬会社「バラト・バイオテック」社が、すでにワクチンを開発していたとのこと。同社のクリシュナ・エラ医師のコメントが掲載されています。

ワクチンの臨床試験開始間近!

「私たちは9カ月ほど前に、おそらく世界で初めて、ジカウイルスのワクチン候補を申請した会社です」

同社も、まさかジカウイルスが猛威をふるうことになるとは想像していなかったそうですが、その先見の明を賞賛する声は多いようです。

とはいえ、動物および人間による臨床試験を行うには、時間がかかるのではないでしょうか?

100万回分のワクチンを
4カ月でつくる?

ドクターはこの研究に、政府とインド医学研究審議会(ICMR)の協力を要請。理想は4ヶ月で100万回分のワクチンをつくることだそう。2月8日の「Science Alert」は、動物実験が1週間ほどで開始すると伝えています。

その他、フランスのワクチン専門企業「サノフィパスツール」社や、日本の「武田薬品」も、ジカウイルスのワクチン開発を開始・検討を発表。

日本人も感染の可能性アリ

「ジカ熱」は一週間ほどで完治することが多い症状として知られています。しかし、妊娠中の女性が感染すると子どもへの影響も考えられます。また、日本国内に限っても、2016年のリオデジャネイロオリンピックによって感染者が現れる可能性が。

厚生労働省」は、海外の流行地で蚊に刺されないように対策を講じるよう注意喚起を行なった上で、軽度の症状でも医療機関での診察が必要になることを説明。その対策には多くの人の関心が集まっています。

Reference:WHO,NDTV,Science Alert,

「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
傷を負ったときに、ウイルスの侵入を防ぐために使われる「絆創膏」。これまでは、傷が治るのを助けるためのサポート役でした。米ネブラスカ大学リンカーン校の研究者...
このところ紅茶をとりまく話題がおもしろい。水出しによる淹れかたが評価されたり、コーヒー専門店がわざわざ新ブランドを展開したり。それは、アフタヌーンティーの...
世界保健機構(WHO)は、エボラ出血熱への感染をたった15分でチェックできる新しい簡易検査キットを認可したと発表した。開発はアメリカの企業「Corgeni...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
注射嫌いには朗報。インフルエンザ予防ができる『皮膚パッチ式』のワクチンが開発されました。0.03インチの極細の針が100本含まれた"microneedle...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」と...
イギリスの国民保険サービス(NHS)が、人工血液の実用化に向けた臨床試験を2017年までに開始すると発表した。NHSは、これまでも成人ドナーの骨髄から採取...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。ポリマーで作られた壁の中には、酸素に触れると凝固する特殊な液体が入っています。...
華の金曜日、暴飲暴食はやむを得ない!なんて言い訳をしていませんか?とくに注意すべきは肝臓。アナタが飲み食いしたものが、そのまま体のダメージとなってかえって...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
ロイヤルメルボルン工科大学が開発した「スマートピル」は、飲み込むことで体内環境を調査し、そのデータをスマホなどで確認できるもの。開発したのは、過去にもモバ...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
不老不死を望む人が果たしてどれだけいるかは分かりませんが、アンチエイジングとなれば話は別でしょう。「若返り」──その核心を求めて、世紀をまたいだ科学者たち...
もうドナーを待つ必要がなくなるかも?そんな可能性が感じられるニュースが、アメリカ科学振興協会が運営している科学誌「EurekAlert!」に掲載されました...
一見、変わったデザインのモダンなリング。でもじつはこれ、緊急時に家族や友人に知らせることができる「パニックボタン」を内蔵したスマートリングなんです。防犯ブ...