WHOが緊急事態宣言 世界中を脅かす「ジカウイルス」 とある企業が開発したワクチンが、驚くべきスピードで臨床試験へ

2016年2月1日。「WHO」は、温暖地域を中心に拡がるジカウイルスが、米国で確認された小頭症やギラン・バレー症候群の発症例に強く関連しているとして、緊急事態を宣言。2月5日には、同ウイルスが33カ国に拡散しているとレポートを発表しました。

一方、2月3日の「NDTV」によれば、インドの製薬会社「バラト・バイオテック」社が、すでにワクチンを開発していたとのこと。同社のクリシュナ・エラ医師のコメントが掲載されています。

ワクチンの臨床試験開始間近!

「私たちは9カ月ほど前に、おそらく世界で初めて、ジカウイルスのワクチン候補を申請した会社です」

同社も、まさかジカウイルスが猛威をふるうことになるとは想像していなかったそうですが、その先見の明を賞賛する声は多いようです。

とはいえ、動物および人間による臨床試験を行うには、時間がかかるのではないでしょうか?

100万回分のワクチンを
4カ月でつくる?

ドクターはこの研究に、政府とインド医学研究審議会(ICMR)の協力を要請。理想は4ヶ月で100万回分のワクチンをつくることだそう。2月8日の「Science Alert」は、動物実験が1週間ほどで開始すると伝えています。

その他、フランスのワクチン専門企業「サノフィパスツール」社や、日本の「武田薬品」も、ジカウイルスのワクチン開発を開始・検討を発表。

日本人も感染の可能性アリ

「ジカ熱」は一週間ほどで完治することが多い症状として知られています。しかし、妊娠中の女性が感染すると子どもへの影響も考えられます。また、日本国内に限っても、2016年のリオデジャネイロオリンピックによって感染者が現れる可能性が。

厚生労働省」は、海外の流行地で蚊に刺されないように対策を講じるよう注意喚起を行なった上で、軽度の症状でも医療機関での診察が必要になることを説明。その対策には多くの人の関心が集まっています。

Reference:WHO,NDTV,Science Alert,

新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
米国「ハーバード大学」と「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の共同チームが、新型コロナウイルスを検出すると蛍光シグナルを出すマスクを開発中。マスクを装着...
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
マスクなどにシュッとひと吹きで抗菌・抗ウイルス性をプラスするスプレー「ウイルスボマーfor マスク」が、5月8日まで応援購入サービス「Makuake」にて...
傷を負ったときに、ウイルスの侵入を防ぐために使われる「絆創膏」。これまでは、傷が治るのを助けるためのサポート役でした。米ネブラスカ大学リンカーン校の研究者...
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国の「ケンタッキー」は、人との接触なく商品を受け渡しをする「コンタクトレスデリバリーサービス」を開始。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
尿中に含まれるメタボリズム(代謝)情報を医療に役立てようと「スマートトイレ」の開発が進んでいる。研究をおこなっているのは、ウィスコンシン大学マディソン校と...
ドイツの科学者らが集まって、新型コロナウイルスがスタジアム環境でどのように広がるのかを実験する「Restart-19」と呼ばれるプロジェクトを計画中。現在...
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
死ぬ夢の意味とは?夢占いの専門家が人、夢のなかでの死因、状況別に死ぬ夢を紐解いていきます。
京都西陣織の正絹を使用した「和のますくす」に秋冬の新作が追加。伝統的で落ち着きのある柄は、和装はもちろん、フォーマルにもカジュアルにも似合う。
先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
世界保健機構(WHO)は、エボラ出血熱への感染をたった15分でチェックできる新しい簡易検査キットを認可したと発表した。開発はアメリカの企業「Corgeni...
世界各地に感染拡大している「コロナウイルス」の勢力をリアルタイムで可視化したマップが、「CSSE」(ジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センター)に...
注射嫌いには朗報。インフルエンザ予防ができる『皮膚パッチ式』のワクチンが開発されました。0.03インチの極細の針が100本含まれた"microneedle...
家の中でのウイルス対策にピッタリ!オシャレな抗菌・抗ウイルスシート「Free-sheet(フリーシート)」をご紹介。