わたし的、あるあるチャート〜日常生活編〜

Michelle Rialさんは、チャートをこよなく愛するデザイナー。ある日首を痛めてしまい、コンピューターでイラストを描くのが困難になってしまったそうです。

でも真のクリエイティブは、そんな事故が起きたってくじけやしません。昔っから言うじゃありませんか。「When there's a will, there's a way (意志あるところには道が開ける)」と。

彼女は、それぞれのチャートに紐づく日用品を使い、日常のあるあるを元気にチャート化してくれました。なかでもウンと頷けるものを勝手にピックアップしちゃいました。

〜誰でも共感できる編〜

過去に使った傘たちの円グラフ。

4954096398237696

上から時計回りに:

1)文字どおりゴミ

2)あきれるほどにデカイ

3)ほとんどこわれてる

4)どこかにいった

5)リアーナ 

6)意図せず盗品

7)カビくさい

8)安すぎてもたなかった

的を得ていますね。

コーヒーあるある。

5415827528482816

X軸は、カップの数。青い線は効率性、赤い線は不安の度合い。
左に書かれているのは(つまり最初に感じるのは)
「自信たっぷりの天才よ!」。
右に書かれているのは(つまり次第に感じるのは)
「アレ、パニックを起こしそう」。

眠気を吹き飛ばしたいとき、コーヒーに思いっきり頼っちゃう私は、めちゃくちゃ共感。

夏から冬にかけて、思うこと。

6489773631864832

上から順に:

1)暑すぎる

2)葉っぱが色づいてきた

3)外に出たくない

4)カボチャスイーツにふける

5)あ、ハロウィンの衣装見つけなきゃ

6)急にネルシャツに夢中

7)寒すぎる

なんだかんだ、これの繰り返しなんですよね。

 

フロス事情。

5333998469382144

X軸は、歯の検診日。
Y軸は、下から一切やらない、ほとんどやらない、毎日やる。

歯科検診が近づくころになって、ようやく歯磨きに力を入れはじめるんですよね。不真面目でごめんなさい、歯医者さん。

〜女性のあるある編〜

ヘアピン事情。

4849831772160000

X軸は、時間。
Y軸は、ヘアピンの数。

つまりは、ヘアピンってすぐどっかにいってなくなっちゃうよねっていう話。購入当初は1缶にあんなに詰まっていたのに、なんで気づいたら底をついているんでしょう。使ってもいないのに。人生の七不思議の一つです。

パーティドレスの値段について。

4674889164259328

X軸は、スパンコールの表面積。
Y軸は、パーティドレスの値段。

スパンコールが多ければ多いほど、値段が高くつく。スパンコールとチャートの掛け合わせ方も、お見事ですね。

〜環境を考える編〜

5909883253686272

X軸は、地球の温度。
Y軸は、地球温暖化の重症度。

焦げたマッチの先っぽが上を向いているのも、創造性満点。地球温暖化は、決してフェイクニュースじゃありません。

〜恋愛のとんでもない結末大公開編〜

5913150381621248

X軸は、時間。
Y軸は、ふたりの恋愛の調子。
左から、
1)初のオナラ
2)家族との初対面
3)IKEAへのプチ旅行。

そういえば私も、IKEAに行った数ヶ月後に別れを切り出されたっけ…。

この全貌は、彼女のインスタグラム「Realifecharts(リアルライフチャート)」にて公開中。

Licensed material used with permission by Michelle Rai, realifecharts
なんかちょっと、変なんだけど。
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
あこがれの街。
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
「名前はよく聞くけど、なんだかイメージが湧いてこない国」にフィーチャーして、紹介していきます。
机に座ってうーんと頭を抱えたり、眉間にしわを寄せて思索にふけったり。「考える」というと、何か「お勉強」的なイメージがつきまとう。だが、それはもっと身近で、...
世界中を旅するクリエイターOliver Astrologo氏。これまでに数多くの国を訪れた彼が特別な感情を抱く街──、それがローマなのだとか。ここで紹介す...
昔ながらの中国が色濃く残る。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
なんてことのない部屋。ありふれた日常。なのによく見るとどこか違う。見慣れた風景の見慣れたものをもとの文脈から切り離して置くことで、独特な世界観を表現するフ...
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
デザイナー、Katerina Kampraniさんがつくっているのは、使いようのないひねくれた生活用品たち。斬新、だけど要らない。でもキニナル。変なツボを...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。