今日からスタート!日常生活を充実させる「10の秘訣」

悠長に朝食を摂れる余裕なんて夢のまた夢。乱れた髪は満員電車でさらにグシャグシャ。小走りで息を切らしてはやっとこさオフィスに到着。したかと思えば、デスクトップにはタスクメモの山。タメ息ついてる暇さえ惜しい…。

そんなあなたには処方箋が必要かも。「Little Things」のヒントを参考に、時間の使い方を整理してみては?

01.
寝る前に
やることリストをつくろう

85singo_unnamed-32-600x600まずは、次に何をすべきかを明確に。それだけで効率よくコトが進みます。職場に到着した時でもいいので、整理することから始めましょう。

02.
睡眠時間を優先する

85singo_unnamed-8-600x600それができたら苦労しないーーというあなたは優先順位を変えるべき。十分な睡眠を取ることでどのくらいの違いが出るか知ったらきっと驚くでしょう。睡眠不足で頭が働かない状態で仕事をしても、能力は発揮できません。

ペンシルベニア大学とワシントン州立大学の研究によれば、睡眠時間が6時間以下の人の作業効率は、酔った人と同等に。しかも、睡眠不足によるダメージは蓄積される上に自分では気づくことができないそうです。

03.
すべての電化製品を
リビングに集約

85singo_unnamed4-600x600これは、電子機器をベッドルームに持ち込まないという意味。メールやネットの誘惑に負けずに早く眠りにつけるし、体内時計が狂わせる光をも避けられます。

04.
1日のはじまりを
しあわせな気分でスタート

85singo_unnamed-42-600x600

朝、ほんの少しでいいので何かに感謝するような時間を持ちましょう。ドアを出て歩き出す前に、青空を見つめて数回深呼吸するだけでもきっと全然違います。たった数秒ですよ。

05.
朝のエクササイズを大切にする

85singo_unnamed-6-600x600

運動するとエンドルフィンが分泌されると言われています。20分ほど朝の運動で汗をかくことで、日々の活力が得られるかも。

06.
邪魔する人には
かまわないこと

85singo_unnamed-11-600x600

距離をおいて、先に進みましょう。やるべきことに集中できる環境を、自らの手で整えましょう。

07.
水を頻繁に飲んで

85singo_unnamed-21-600x600コンディションを万全に整えるために忘れがちなのが水分補給。朝の目覚めが悪い時や、仕事中に集中力が落ちてきた時は冷たい水を一杯。

08.
断るコトを意識する

85singo_unnamed-7-600x600あなたの体は一つだけ。選択肢に優先順位をつけましょう。無駄な会議はすべて断りましょう。

09.
休息を取ろう

85singo_unnamed-9-600x600精神を消耗する仕事であればあるほど、気分転換を定期的に取り入れることで生産性がグッとあがります。集中できる時間には限りがあるはずです。

10.
マルチタスクはストップ!

85singo_unnamed-51-600x600

「ながら運転」だって禁止されていますよね。いくつかの仕事を同時並行するのは危険なことだと認識してもいいかもしれません。やることがたくさんあるのなら、一つひとつ集中して順番に片付けていきましょう。

Licensed material used with permission by LittleThings

自分の体重から「1日に必要な水分摂取量」を割り出す計算式を、健康情報サイト「Health & Love Page」より紹介します。意識して飲もうとすると、...
リレーションシップコーチとして数々のカップルにアドバイスしてきたというJordan Gray氏。彼は、愛し合うふたりが過ごす1日の終わりについて、些細であ...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...
長時間のフライトで疲れが溜まり、目的地に到着した時には見た目が酷いことに…なんてことはよくある話。でも、女性なら、いかなる時も美しくいたいものです。それな...
GWが終わり1ヶ月が経ちました。現在、祝日のない6月のまっただなか。おまけに梅雨。こんな時期にどうやってモチベーションを高めればいいんだろう?と憂鬱になっ...
ジャック・ジョンソン、ノラ・ジョーンズ、MOBY、大物アーティストたちが自宅のベッドルームで、あるいはレコーディングスタジオに布団を持ち込んでプレイする。...
1日のうちに最も無防備になるのは眠る時。だからこそ、ベッドルームにはその人の本当の姿が現れるのかもしれない。アーティストであり「Portrait Soci...
モチベーションは、どこからともなく心の中にやってきて、見えないところで私たちを動かし、いつのまにかいなくなってしまうもの。人間にとって重要な心理のひとつな...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
いくら明るい陽が窓から差し込んできているとしても、居心地抜群のお布団にこもってゴロゴロする至福には毎回負けてしまう。でも睡眠とは、起きて行動するためのエネ...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
寝る前に、ベッドの中でスマホを使っていませんか?実はこの行為が、カラダにはとても悪いそうです。「I Heart Intelligence」でライターのDh...
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
そろそろ寝ようと思っても、繁忙期などでは仕事が頭から離れずに、眠れないことがあるはず。そんな時にこそ実践してほしいコトを、ライターJade Sheldon...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
仕事もプライベートも充実させて、自分らしく楽しい人生を送りたいものですよね。でも、実際、仕事は多少つらくても頑張る、その分プライベートでは息抜き…なんて思...