少なく見積もっても「1台5役」のスマートテーブル。

今や、ガジェットを使うには、「充電をする」というのが当たり前。スマホやパソコン、スピーカー、ライトなどなど。電池を入れ替える必要がなくなったかわりに、部屋にはたくさんの充電コードが溢れかえっていることでしょう。

ある“テーブル”を置くだけで、ゴチャゴチャしている環境を、簡単に整理できるようです。

見た目はシンプルでも
機能はたくさん

見た通りテーブルとしての機能は当然のことながら、スマホを置けば、充電ができるようになっているそうです。デスクの中に、「Qi」に対応したワイヤレス充電器が埋め込まれているとのこと。

勘が良い人はすでに分かっているかもしれないけど、「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルなのです。

あと3つほど、ざっくりと紹介します。

Bluetoothに対応したスピーカー。

デスクの上にパソコンを置いて、臨場感のある音でNetflixを楽しんでもイイかもしれません。

タッチ式で明るさを調節できるLEDライト。

USBポート。

デジカメやタブレット、ワイヤレスに対応していないスマホなどをチャージできるでしょう。

他にも細かい機能はありますが……。紹介した特徴をまとめると、見た目はミニマルなサイドテーブルでありながら、「1台5役」として活躍してくれるということ。だからこそ、無駄なコードがなくなる。

置いておくだけで部屋をスッキリにしてくれるから、整理整頓が苦手という人にはちょうどイイかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Smartables
「KableCARD」は1台で6通りの使い方ができるマルチ充電ガジェット。クレジットカードと同じくらいのサイズだから収納もカンタンだ。
iPhone 8/8 PlusやiPhone Xが「Qi」に対応したことで、ワイヤレス充電が注目されるように。でも、ネックなのは”置く”という動作。ここで...
約5,000円から支援可能です。
ラスベガスで開催されたCES 2018。そのスマートホーム部門で、イノベーションアワードを受賞したのが単三電池「Coat Foever Battery」。...
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
「QUATTRO LANTERN」は1台で4役をこなすランタンです。もう、名前の通りですね。ランタンを皮切りに、LEDライトやサーキュレーター、モバイルバ...
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
電子機器の数だけケーブルが増えて、面倒くさい!って思う私には最高です。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
ルックスはちょっと大きめのマグカップみたいな「JikoPower」の紹介です。焚き火やガスコンロの火に突っ込めば、火力発電ができるんです。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
アウトドアで過ごす機会が増えるこの季節、頭を悩ましがちなのが、スマホの充電問題。「何で買わないの?」とよく尋ねられるけど、ぶっちゃけどれもこれもイマイチ。...
これまで以上にスマホの充電を容易にする、めちゃくちゃ便利なケーブルが登場しました。これさえあれば、料理をしていようが、寝る前の暗い部屋にいようが、サクッと...