ノルウェー発。新たな「シェアバイク」として期待なアイデア。

どこか所有に対する意識が変わってきたのでしょうか。もしくは、環境に対する意識が強まってきたのかもしれません。

いずれにせよ、日本でもシェアカーやシェアバイクをよく見かけるようになりました。

話は変わって、ノルウェー企業が開発した「Podbike」。

小型自動車のような見た目をしているけど、これは電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出すようです。

そして、パーキングをするときには専用のボックスに4台まで収納可能といいます。

ちなみに、駐車場の役割を果たす箱の上部にはソーラーパネルが付いているので、自動で充電をしてくれるそう。

つまり、街中に駐車場を設置するスペースがあれば、シェアバイクのように使えるのではないでしょうか。開発した企業は、個人に向けても販売しているようですが…。

自転車のデメリットを解消!

Photo by Podbike®
Photo by Podbike®

自転車は天候に左右されるのがデメリットでしたが、「Podbike」ならその心配もなさそうです。車に劣るとはいえ、安全性も比較的確保できそうですし。

Licensed material used with permission by Podbike®
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
Google Mapsの進化が止まらない。2019年7月16日、GoogleはGoogle Maps上で「バイクシェア」のリアルタイム情報が見れるサービス...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...