ノルウェー発。新たな「シェアバイク」として期待なアイデア。

どこか所有に対する意識が変わってきたのでしょうか。もしくは、環境に対する意識が強まってきたのかもしれません。

いずれにせよ、日本でもシェアカーやシェアバイクをよく見かけるようになりました。

話は変わって、ノルウェー企業が開発した「Podbike」。

小型自動車のような見た目をしているけど、これは電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出すようです。

そして、パーキングをするときには専用のボックスに4台まで収納可能といいます。

ちなみに、駐車場の役割を果たす箱の上部にはソーラーパネルが付いているので、自動で充電をしてくれるそう。

つまり、街中に駐車場を設置するスペースがあれば、シェアバイクのように使えるのではないでしょうか。開発した企業は、個人に向けても販売しているようですが…。

自転車のデメリットを解消!

Photo by Podbike®
Photo by Podbike®

自転車は天候に左右されるのがデメリットでしたが、「Podbike」ならその心配もなさそうです。車に劣るとはいえ、安全性も比較的確保できそうですし。

Licensed material used with permission by Podbike®
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
Google Mapsの進化が止まらない。2019年7月16日、GoogleはGoogle Maps上で「バイクシェア」のリアルタイム情報が見れるサービス...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
世界中のいたるところで建築デザインを手がけている「Snøhetta(スノヘッタ)」が2018年11月12日に完成させたのは、漁業をする人たちのための施設「...
ここで紹介する「Social Balconies」は、隣の部屋などとバルコニーをつなげて、いろんな人との会話が生まれるように設計されています。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのWEBサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
ノルウェー発の「Sled Dogs」は、スキーブーツのソール部分に、スキー板がつけられた製品です。カンタンに説明をすると、アイススケートのように滑れるのだとか。
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
デザイナーRitsert Mansと科学者Peter Mooijが協力して作ったのは、海藻から抽出したオイルをエネルギーとしたバイク。頻繁に収穫できるとい...