どこでも乗り捨てOKなシェアキックスケーター

シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。

今日本を含めたいろんな国で急速に広まっているシェアバイクですが、一部の人たちによる“乗り捨て”が問題になっていますよね。シェアバイクが乱雑に扱われ、山積みにされている様子は多くのメディアが報道しています。こんな課題を解決するために開発されたのが「Scootbee」。

Uberのような専用アプリで自分が乗りたい場所をタップすれば、キックスケーターが自律走行でやってきてくれます。二輪車ではなく三輪のキックスケーターを採用したのは、バランスが取りやすいからなんでしょうね。

スマホでアンロックした後は、目的地を目指し、そこに着いたら乗り捨てでOKです。「Scootbee」は自分で次の目的地へと向かうので、近くのサイクルポートを探す手間も省けちゃうんですね。とっても便利!

Reference: Scootbee
Top image: © Scootbee
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
コペンハーゲン市の警察は、電動キックスケーターの飲酒運転禁止を発表。違反者には最大で600ドルの罰金を科すとし、3回以上の常習犯には禁固刑も視野に入れた罰...
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。