「BMW」と「MINI」が車両とスマートフォンを繋げる新アプリを導入

「ビー・エム・ダブリュー株式会社」が、自社のブランドである「BMW」と「MINI」で車両とスマートフォンを繋げる車両用アプリの導入を開始。

最先端テクノロジーを活用し、車両とオーナーを連携する情報をスマートフォンと繋ぐことでモビリティ・ライフをサポートするのは、BMW車両用アプリ「My BMW」とMINI車両用のアプリ「MINI App」だ。

©ビー・エム・ダブリュー株式会社

どちらも、従来のアプリをリニューアルし、デザインの刷新機能の追加使い勝手が向上。それまでiPhone用のみだったものが、Android用にも提供されることに。

新機能として、Google MapsおよびAppleの「マップ」との共有が可能になって、目的地検索や目的地へのドライブナビの役目を果たせるようなったという。

©ビー・エム・ダブリュー株式会社

もちろん、従来の機能である車両状況車両位置の確認、車両のロック/ロック解除ヘッドライトの点灯換気操作等が、遠隔で実施できるのはそのまま継続。

航空会社が機内エンターテインメントを利用客のスマホなどにアプリによる提供をしているのと同じように、車内オーディオがスマホに代わる……なんてこともあるのかも。

Top image: © ビー・エム・ダブリュー株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ドイツ・ミュンヘンを拠点とする企業「Semic RF」が新型コロナウイルスの感染を判断できるスマートフォン用アプリを開発。そう、必要なのはスマートフォンだけ。
12月初旬、スマートフォンでプリント前のネガフィルムを鑑賞することができるアプリ「NEGAVIEW PRO」の提供がスタート。税込370円でダウンロードできる。
7月からアメリカ国内で利用可能になるNIKEアプリの新機能。スマートフォンのカメラで自分の足をスキャンすると、幅や高さなど両足のデータが収集されます。保存...
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
大手食品会社「Mars(マース)」がチョコボール「Maltesers(モルティーザーズ)」のおいしさを最大限に引き出すために持ちかけた、ケーキ対決「Bak...
先週の「東京マラソン」で初お披露目されたのが、輸入二輪車ブランドとして警察車両に初めて採用された「BMW Motorrad」初の電動スクーター「BMW C...
スウェーデン発祥の「イケア」が、世界でいちばん小さなストアの営業をはじめている。それは、実際の店舗ではなくスマートフォンに収まる「IKEAアプリ」のこと。
高級デパート「三越伊勢丹」がVRを活用した仮想の都市空間サービス「REV WORLDS」を発表。スマートフォン向けのアプリとして現在β版がリリース中だ。
明後日18日(金)に発売となる「Apple」初のワイヤレスヘッドフォン「AirPods Max」はオーバーイヤー型デザインを採用。
中国のスマートフォンメーカー「Vivo」が発表した新しいスマートフォンは、本体の上部からウィーンってカメラが出てきて、そのままポコって外せるらしい。
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
米スマート家電メーカー「eufy」開発によるスマート宅配ボックス「SmartDrop」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で大きな注目...
先月行われた「Apple」の開発者向けイベントにて、「BMW」がiPhoneを自動車用デジタルキーとして使用できる最初のメーカーになると発表した。
デザインオフィス「nendo」がスマートフォンメーカー「OPPO」とコラボ。携帯性を高めた進化系三つ折りスマホ「slide-phone(スライドフォン)」...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
11月17日、自動車ブランド「MINI」がコンセプトカー「MINI Vision Urbanaut」を発表した。広々とした空間を備えていて、早く乗ってみた...
身の周りにあるさまざまな製品のIoT化が進むなかで、ついにジッパーをスマート化させるという試作品が誕生した。スマートファスナーの「Zippro」は、指紋や...
「Apple」がオンラインイベントで発表したスマートスピーカーの新モデル「HomePod mini」が、11月16日(月)に発売される。
「Amazon」の純正スマートプラグ「Amazon Smart Plug」が7月15日(水)から販売。IoT化されていない家電が手軽にスマート化できるのが...
ロボットベンチャーが作ったスマホと繋がるマスク「C-FACE」は、10m先の相手ともアプリを通じてコミュニケーションがとれる。ほかにも議事録作成や他国語へ...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
日本のパソコン周辺機器メーカー「I-O DATA」から発売が予定されているスマートフォン用CDレコーダー「CDレコ5」シリーズ。このプレイヤーは、Wi-F...
最新ハイテクスマートマスク「AirPOP Active Plus」が今春日本で発売される。マスク搭載のセンサーがアプリと連動し、呼吸や空気中の状態を分析する。
スマートフォンを充電しながら99%UV除菌できる「Smart Cleaner」。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
「BMWグループ」が先日『BMW Concept i4』を発表。縦長に大きく配置されたBMWの代名詞「キドニーグリル」が特徴的で、電気自動車らしいデザイン...
応援購入サービス「Makuake」にて、先行販売を実施している「Langogo Mini」は、音声録音、文字起こし、編集・共有、翻訳を1台で行ってくれる、...
「Galaxy」初の縦折り型スマートフォンがラグジュアリーブランド「Thom Browne」とコラボした「Galaxy Z Flip Thom Brown...
国内外に42施設を運営する「星野リゾート」が、大浴場の混雑度(密集)をスマートフォンなどで確認できる「3密の見える化」サービスを6月から開始している。