「Canon」が宇宙から写真が撮れるサイトをローンチ!

宇宙から地球を眺められるのは、宇宙飛行士だけ?

「CANON ELECTRONICS INC.(キヤノン電子株式会社)」が開発した「超小型衛星」を使えば、誰もが宇宙写真を撮れるようになるかも……。

そんな未来体験が試せるのは、「REDIFINE THE LIMITS(限界を再定義しよう)」と名付けられた、キヤノンの特設サイトだ。

ここでの主役は、ワイン樽ほどの小型ボディに、キヤノン製デジタル一眼カメラとレンズを備えた、超小型地球観測衛星「CE-SAT-I」

© CANON ELECTRONICS INC.

それを使って、宇宙から撮影された高解像度画像を、まるでその場でスナップするように見ることができる。

好きな場所高度を選んで、撮影ボタンを押すと「Stunning!(素敵)」「you're a natural space photographer(これであなたも宇宙写真家ね)」という声が流れたのち、普段は目にできない地球の姿を確認できるのが、近未来的でたまらない。

この撮影技術は、水質汚染山火事の検出といった環境的観点から、輸送管理収穫量の最適化などの商業利用まで、あらゆるカタチで活用される予定だ。

ちなみに声の主は、宇宙飛行士のMarsha Ivins氏。本物の宇宙飛行士と、バーチャルで宇宙旅行を楽しんでみるのはいかが?特設サイトはコチラから。

Top image: © CANON ELECTRONICS INC.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事