「キヤノン」が不正な写真の利用を防ぐデータベース「Truthmark」開設

カメラメーカー「キヤノン」と北欧を拠点にするPR会社「Uncle Grey Copenhagen」が、不正な写真の使用や誤用を防ぐことを目的とした写真データベース「Truthmark」を開設。

昨今、SNSを中心としたフェイクニュースが大きな問題になっているが、世界中の写真の誤用を減らし、真実を保護することで民主主義を保証する狙いがあるようだ。

データベース上では、写真家が著作権を持つ画像に対して、写真のコンテクスト(文脈)に関するドキュメントも添付することができる。写真とその情報は一つのファイルに統合されて暗号化。画像の信憑性を確認したいというジャーナリストは、データベースから検索して、写真の内容を調べることができるという。

また、写真の検索にあたっては、デジタル指紋技術が使用され、画像の改ざんがあった場合でもオリジナルの画像を特定できるように設計されているようだ。

© It's Nice That/Vimeo

先日公開されたデータベースのプロモーションビデオでは、“新型コロナウイルスがノルウェーでは発生していない”という虚偽の情報を裏付けるために、空室となったノルウェーの病院の写真が利用された例が取り上げられている。

膨大な情報があるSNSにおいてすべてを管理するのは難しいかもしれないが、こういった取り組みが続くことで、少しでも歯止めをかけることができるかもしれない。

Top image: © iStock.com/metamorworks
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
10月30日、イギリスの「BBC News」がダークウェブ上にミラーサイトを開設したと発表。これは「Tor」経由でしかアクセスができないようになっている。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。