浸水被害をここまで楽しんじゃう!?

7月末、大雨でスウェーデンのウプサラ中央駅が浸水してしまいました。が、トピックは浸水自体じゃないんです。この時駅で起きた出来事が、後に世界中のメディアをざわつかせることとなりました。
 
なぜかって、膝くらいの高さまであった水を見て、駅を訪れた人たちはショックを受けるどころか、まるでウォーターパークにいるかのごとく楽しんじゃったのです。
 
浮き輪に乗ってチルしたり水鉄砲で遊ぶ人など様々。その光景はInstagramにアップされて瞬く間に話題を呼びました。
 
もちろん、被害がそれほど深刻ではないからできたおふざけでしょうけれど……。
5288365465272320
Top image: © 2018 Sarah Thorén

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」でサクッと好奇心を満たそう!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
BMWのデザインを手がけたキャリアを持つ工業デザイナーJosep Rubau氏が、新たに投下したのは、写真のヨット「RED SHARK」だ。
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
世界幸福度ランキングでも、つねに上位に入るスウェーデン。その生活を真似してみたら、私たちの日々の生活も少しは幸せなものになるかもしれません。「MATADO...
セネガルサポーターSuloさんは、日本人サポーター3人と盛り上がっている動画を投稿しました。すでに360万回以上も再生されているわけですが、『ONE PI...
Sean Wangさんの母親は、離れて暮らす息子に向けた留守番電話のメッセージを記録していました。WangさんはそれをBGMに動画を制作。
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。