SNSのプロフィール写真の評判が、ことごとく悪いあなたへ。

SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。

でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の人から見ると微妙なのかも?

一番いい写真は、どれ?

【ある女性の場合】

【ある男性の場合】

さて上の写真は、ある女性と男性がSNSに投稿した画像から12枚ずつ選んだもの。

みなさんは、この中でどれがいい写真だと思いますか?

自分が選んだ写真と
他人が選んだ写真は違う?

では、この図を見てみてください。

上段にあるのが自分の選んだ写真。
下段にあるのが他人に選んでもらった写真です。

そしてプロフィール写真として掲載するのに「一番いい」と思ったのが右側で、「良くない」と思ったのが左側。

Facebook、デート系、ビジネス系、などSNSの種類によって差はあるものの、どれも自分と他人の選択がまったく違うことに気づくはずです。

それどころか、自分ではあまりいいと思っていなかった写真が、他人から見れば最も評価の高い写真と似ているようにさえ見えます。

自分で選ぶ写真は
自分の魅力を伝えられない

じつはこれ、豪ニューサウスウェールズ大学で、SNSの写真と自己像の関係を調査するために行われた実験なんです。

この実験結果により、自分がいい印象を与えると考えている写真は、他人にとってはあまり魅力的に映らず、むしろ自分が目を向けなかった(もしくはあまりいいとは思っていなかった)写真のほうが好印象である、ということがわかります。

この調査の主任著者であるDavid White博士は、こう述べます。

「プロフィール写真は第一印象となり、その後のオンラインでの友人関係や、仕事をする上での印象などに大きな影響を与える可能性があります。以前の研究でも、人は顔写真から相手の性格を推測していることが分かっています。

今回の調査結果から、SNSのプロフィール写真を選択するときには、他の人に選んでもらったほうが、SNSを通じた人間関係の構築がよりスムーズになると言えるのではないでしょうか」

社会で生活していくにあたってSNSを使う機会はほとんどの人に訪れると思います。そんなとき、相手に少しでも魅力的な第一印象を抱いてほしいですよね。

これからプロフィール写真を選ぶときには、みなさんの周囲の人たちにお願いしてみて下さい。もしかしたら、これから始まる人間関係がもっと素敵なものになるかもしれません。

Licensed material used with permission by David White
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
9月5日、Facebookは恋人探しができる機能「Facebook Dating」をアメリカで提供開始と発表。
ブラジル・サンパウロにあるミュージアム、その名も「Museum of Me」。ここは、Meが示すとおり「自分」にまつわるミュージアムです。“展示物”もその...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
老舗ジーンズブランド「Levi’s」より、お手頃価格の設定が嬉しいセカンドライン「DENIZEN FROM LEVI’S」が日本に上陸。
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
「NEC」の先端IoT技術によって開発されたインソール「A-ROWG(アローグ)」。内蔵された小型のセンサーによって日々の歩行のデータを記録。歩行の分析や...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「CABLE POUCH -MINI-」。わずか23グラムのケーブルポーチです。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、Instagramの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。