知らないうちに、あなたの「性的指向」が暴かれているかもしれない。

スマホやPCを使っているときに、AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。そんな世の中がもうすぐそこまで来ているようです。

僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクにどう対処するべきなのでしょうか。

あなたの性的指向は
AIによって割り出される。

ある研究によって開発されたAIの機能が、世界中で物議を醸し始めています。なぜなら、顔の特徴で、LGBTを含めた性的指向を判断してしまうから。ついにここまできたか、という思いと同時に、差別や偏見を助長してしまうのではないか?という懸念も。

ただし、この研究内容を詳しく紹介する前に理解しておいてほしいのは、AI開発を進めたスタンフォード大学の研究者Michal Kosinskiさんたちの想いです。

「多くの人がこの情報を公開すべきだったのか?という疑問を持つでしょう。私たちの考えも同じです。

しかし、ある政府や企業は、顔を認識して好みのものを推測をする技術の開発を、すでに進めているのです。ゲイコミュニティをはじめ、私たちはプライバシーが侵害されるリスクを把握し、今すぐにでも法的な規制を設けるべきなのです」

そう、彼らにはAI技術を開発する際に伴うプライバシーを監視されるリスクを、僕たちに理解してほしいという考えがあるのです。分かっているかもしれないけれど、個人情報が漏れる可能性のあるインターネットには、掲載する情報にも気をつけなければいけないということ。そしてこれをさらに意識させるのが彼らの研究方法です。

アメリカのデートサイトに登録された35,000枚以上の顔写真を元に、AIは性的指向ごとの特徴を割り出すことに成功。そのアルゴリズムを使って推測させたところ、男性の場合は91%、女性は83%の確率で見分けることができたようです。要するに、SNSなどのネットに投稿された写真から、あなたの個人情報を推測する技術が存在するということ。

サンプルに有色人種がいなかったことや、トランスジェンダー・バイセクシャルがいなかったことも指摘されてはいるようですが、いずれにしても、リスクがあるのは同じ。Kosinskiさんは性格や政治思想、心理状態も、顔から判断できる可能性も示唆しながら、こうまとめています。

「個人情報が漏れてしまうことは避けられないでしょう。また、多様なジェンダーに対して寛容的ではない国や文化に生きている人にとっては、身の危険性もあります」

プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
「私がFacebook上で、よく使う言葉は?」最近よく見かけるこのフレーズ、気軽に遊べるクイズアプリとして知っている人も多いはず。ですが、その際に参照され...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
“Facebookページにいいね!してくれたら、一杯無料”。そんなコーヒーショップが目の前にあったら…、何の気なしにアクションしちゃうかも。でも、そこから...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
アメリカのシンクタンクの意識調査によると、約7割以上の人たちが進む「自動化」によって働き口が減ると危惧しているようですが、実際自分の職種・職業・業界に影響...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
「ダイバーシティ」が叫ばれる現代。仕事、性的指向、生き方、あらゆる面においてマイノリティの立場をとっている清水文太は、全方位に対して“-less”の姿勢を...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
デートは順調、家にも誘ってくれて、気づいたら色っぽいお時間に。なのに彼の「あそこ」がまったく協力してくれない。それはあなたが魅力に欠けているわけではなく、...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
新社会人になり研修や会議に出ると、「ん?今、なんて言った?」というような言葉が次々出てきたり。そこで今回は、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を集めて...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...