たった10分で1000万円売れた「Canonの自動撮影カメラ」

本日正午に応援購入サービス「Makuake」にてプロジェクトが開始され、わずか10分で1000万円、4時間で4000万円を達成した“脅威のカメラ”を紹介!

Canonより新たに登場した「PowerShot PICK」は、同社の先進技術を結集した自動撮影カメラだ。

光学技術と映像処理技術で、カメラ自身が人の顔を見つけ、レンズに映る映像の変化に気づくことで“シャッターチャンス”と判断し自動撮影。撮影者が不要なため、家族全員自然で豊かな表情を記録することができる。

小さく可愛いルックスは自然と家族の輪に溶け込む。そのさまは、家族の大切な思い出に寄り添う思い出フォトグラファーといったところか。

撮った写真や動画はアプリが自動でオススメを選んでくれるので、チェックもスピーディー。偶然撮れたベストショットを探すのも楽しそうだ。

価格は4万900円(税込)〜で、購入はコチラ。カメラ目線の決めポーズばかりだった家族の思い出アルバムが、よりエモーショナルで豊かなものに変わることは間違いない。

©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
手のひらサイズで超軽量。CANONの新型カメラ「iNSPiC REC」。
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
なんでも簡単にスマホ一つでできてしまう時代だから、あえてのフィルムカメラ。しかし、ただのフィルムカメラではつまらない。このカメラは3つのレンズを使い3枚の...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。