普段使いもできてしまう「カメラバッグ」おすすめ5選

機能性を重視した本格的なカメラバッグは世に数多。プロユースとしては間違いないのだろうが、「あくまでも趣味」という人にとっては手を出しづらいモノも。“いかにも”なデザインが、なんだかガチすぎるというか……。

「もっとカジュアルなカメラバッグが欲しい!」

そんな声に応えて、フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。パッと見ではカメラバッグに見えないから、撮影以外でも活躍間違いなし!

01.
Peak Design/EVERYDAY TOTEPACK

©銀一株式会社

「『Peak Design』はもともとバックパックとメッセンジャーバッグタイプのカメラバッグからスタートしたアメリカのメーカーです。特に前者はかなり売れている。デザインがスタイリッシュで側面がパカっと開き、カメラが取り出しやすい。とにかく収納力が高いんです。

でも、じつはこんなトートタイプもあるんです。バックパックよりもカジュアルで、もっとファッションに寄せたデザイン。もちろんバックパックと同様にカメラ専用のスペースもアリ。高い収納力はそのままです。

背負うもよし、手で持つもよし。シーンに応じて使い分けられるのも嬉しいですね」

©銀一株式会社
©銀一株式会社

価格:2万7500円(税込)
購入はコチラから

02.
ARTISAN&ARTIST*/スリングバッグ型カメラバッグ

©2021 NEW STANDARD

「日本のブランドですが、イイ意味でそう感じさせないのが『ARTISAN&ARTIST*』。従来のカメラバッグのように機能性を前面に押し出したデザインとは対局の、機能性がありつつもシンプルでスマートなデザインを追求しているブランドです。海外でも人気が高いですね。

今回は『Basalt』というシリーズからスリングバッグをピックアップ。バックパックやショルダーバッグもあるなか、特にカメラバッグに見えないのがコレなんです。

少しキレイめのファッションにも似合うデザインで、たとえばシンプルなステンカラーコートに合わせたくなる(笑)。高級車のインテリアのような上品な質感、真鍮の無垢の板材を用いて作られたロゴプレートにもこだわりが感じられます。

いちいち下に降ろさなくともパッと開けてカメラを取り出せる機動力も魅力的。街中を散歩しながら写真を撮りたいというタウンユース派は重宝すると思いますよ」

©2021 NEW STANDARD
©2021 NEW STANDARD

価格:1万8150円(税込)
購入はコチラから

03.
nadowa/Vélo

©nadowa

「以前、『代官山 T-SITE』にあった『北村写真機店』で見かけて惹かれた『nadowa』というメーカーの『Vélo』。二人のフォトグラファーが、自分たちが欲しいカジュアルなカメラバッグが見つからなくて作ってしまったのだそう。

パッと見はアパレルブランドのメッセンジャーバッグですが、内側にマジックテープの仕切りがあって、ちゃんとカメラを入れられる。素材はタフな帆布。やわらかな質感もイイ。

ブラックやライトグレーも素敵ですが、個人的にはレッド推し。これだけ真っ赤なカメラバッグってなかなかないと思います。

普段は仕切りを外してオシャレなメッセンジャーバッグとして使い、撮影に出かけるときは仕切りを付ける。今からカメラを始めたいという人や、最近買ったばかりでどう持ち運べばいいかわからないという人には最適。間違いなく、いつも持ち歩きたいバッグです」

©nadowa
©nadowa

価格:1万7600円(税込)
購入はコチラから

04.
ハクバ/GW-PRO RED リアゲートトレック バックパック 02 M カメラバッグ

©ハクバ写真産業株式会社

「かなりタフな作りで、カメラ収納部が本格的。でも、一見するとそうは見えない。アウトドアのバックパックみたいですよね。

通常のバッグとは違って背面アクセス構造。セキュリティ面に優れ、機材の一覧性も高い。正面が開くと、山などでカメラを取り出そうとバッグを地面に置くと背負う面が汚れたり、石を挟んだりすることがある。そうした面からもアウトドア用のカメラバッグとしてしっかり作り込まれています。

背中部分は空気の流れを作って蒸れを抑えるエアベンチレーションシステムを採用。安定して携行可能なウエストベルトを装備しているので、山登りをして写真を撮りたいという人にはピッタリですね。M、Lの2サイズ展開ですが、Mでも十分な収納力だと思います。

とはいえ、中仕切りはもちろん取れますし、落ち着いた佇まいは通勤用としてもアリ。13インチ程度のノートPCを収納できるスリーブも付いてます」

©ハクバ写真産業株式会社
©ハクバ写真産業株式会社

価格:1万7810円(税込)
購入はコチラから

05.
OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)/カメラデイパック03

©ハクバ写真産業株式会社

「見た目はお馴染みの『OUTDOOR PRODUCTS』のバッグパック。でも、じつはこれもカメラバッグなんです。

下段にはエントリークラスの一眼レフカメラと交換レンズが収納可能。不意に開いて機材が落下するのを防ぐバックルも付いています。

上段は普通の荷室で12インチのノートPCやA4の書類も収納可能。小物を整理して収納できるポケットも使い勝手がイイ。

ブランド的に多くの方に馴染みがありますし、7990円(税込)という価格も入門用に最適でしょう。バックパックなので当然両手が空き、移動もラクで撮影しやすい。

ほかのカメラバッグと同様に、中仕切りを外して普段使いもできますよ」

©ハクバ写真産業株式会社
©ハクバ写真産業株式会社

価格:7990円(税込)
購入はコチラから

石川望/編集者・フォトグラファー

守備範囲は、自転車、カメラ、写真、さらにコーヒーも。最近では撮影に関するワークショップなどにも協力。写真はコチラにちょくちょくアップしています。

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
なんでも簡単にスマホ一つでできてしまう時代だから、あえてのフィルムカメラ。しかし、ただのフィルムカメラではつまらない。このカメラは3つのレンズを使い3枚の...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
撮ったその場でモノクロ写真を印刷できるインスタントカメラが登場。しかも、レシートなどに使われる「感熱紙」を使用することで、フィルムの費用を抑えつつコンパク...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
スポーツやレジャー、アウトドアなどさまざまなアクティビティで使われるアクションカメラに注目のギア「Gogloo E9シリーズ」が登場。応援購入サービス「M...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...