どんな物でも「時計」にしちゃう便利アイテム「Stretch Clock」

デザイナーNicholas Baker氏は、拠点であるブルックリンの街中にいろいろな物が捨てられていることが気になっていた。

ある日、いつもの通りを歩いていると、美しい青色の大理石を発見。おそらく、もともとはサイドテーブル小さな椅子だったのだろう。

その日以来、道端でさまざまな物を見つけては気に入ったものを持ち帰り、スタジオに飾っていた彼は、それらに秒針付きのゴムバンドを巻きつけて「時計」にすることを思いつく。

1年間にわたって改良を重ね、そのアイデアを製品化したのが「Stretch Clock」だ。

約50cm〜2mまで伸びるゴムバンドになっており、自分の好きなものに巻きつけるだけでなんでも「時計」に変えることができるとか。

煉瓦バスケットボール、さらには風船にも巻けるというのだから、本当に“なんでも”だ。

気分インテリアに合わせて巻く物を変えれば、飽きることなく一生使える製品だ。

時計という“機能”が売りのアイテムなので、趣味嗜好に左右されづらく、プレゼントにもアリかも。

値段は34ドル(=約3,585円)からとなっており、「Kickstarter」で予約販売中だ。

©Stretch Clock
©Stretch Clock
©Stretch Clock
Top image: © Stretch Clock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
コンクリートがむき出しになっているような「TANGENT」。限りなくムダを削ぎ落としている時計です。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
イタリアの時計ブランド「トリフォグリオ イタリア」の新作腕時計「VAULT(ヴォルト)」には、隠し金庫の機能が搭載。小銭や錠剤、メモリーカードなどが収納で...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。