どんな物でも「時計」にしちゃう便利アイテム「Stretch Clock」

デザイナーNicholas Baker氏は、拠点であるブルックリンの街中にいろいろな物が捨てられていることが気になっていた。

ある日、いつもの通りを歩いていると、美しい青色の大理石を発見。おそらく、もともとはサイドテーブル小さな椅子だったのだろう。

その日以来、道端でさまざまな物を見つけては気に入ったものを持ち帰り、スタジオに飾っていた彼は、それらに秒針付きのゴムバンドを巻きつけて「時計」にすることを思いつく。

1年間にわたって改良を重ね、そのアイデアを製品化したのが「Stretch Clock」だ。

約50cm〜2mまで伸びるゴムバンドになっており、自分の好きなものに巻きつけるだけでなんでも「時計」に変えることができるとか。

煉瓦バスケットボール、さらには風船にも巻けるというのだから、本当に“なんでも”だ。

気分インテリアに合わせて巻く物を変えれば、飽きることなく一生使える製品だ。

時計という“機能”が売りのアイテムなので、趣味嗜好に左右されづらく、プレゼントにもアリかも。

値段は34ドル(=約3,585円)からとなっており、「Kickstarter」で予約販売中だ。

©Stretch Clock
©Stretch Clock
©Stretch Clock
Top image: © Stretch Clock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
コンクリートがむき出しになっているような「TANGENT」。限りなくムダを削ぎ落としている時計です。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
イタリアの時計ブランド「トリフォグリオ イタリア」の新作腕時計「VAULT(ヴォルト)」には、隠し金庫の機能が搭載。小銭や錠剤、メモリーカードなどが収納で...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
目覚まし時計とドリップ式コーヒーメーカーが一体となった「The Barisieur」。いよいよ国内販売へ。
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
「EUTOUR」は、木星とその衛星からインスピレーションを得た「触る時計」。
高級ジュエリーブランドの「Jacob & Co.」が、世界初となる「NFT時計」を発表。オークションの結果、なんと……。
「スウォッチ」から自然由来の素材を使った機械式時計「SISTEM51(システム51)」が販売中。
時計の文字盤に浮き出るドットが点字になっており、時刻や日付を表示する仕組みの「DotWatch(ドットウォッチ)」は、目の不自由な人でも使える画期的なスマ...
クラウドファンディング「GREENFUNDING」にて展開の「光セラピーメガネ AYOLITE」は、光の力で体内時計をととのえるウェアラブルデバイスだ。
「いやいや、普通に時刻を教えてよ!」と思わず言ってしまいそう、というか言ってしまった。従来の時計の役割は、もはや後回し。むしろ「教材」のような印象が強いA...
ユニークな素材を活用してきた英ファッションブランド「WOLLEBAK」が、今度は電機ゴミを活用して腕時計を生み出した!
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
史上初のLED式デジタルウォッチ「ハミルトン パルサー」の誕生から50周年を迎える2020年。時計史に革命を起こした伝説の時計が「ハミルトン PSR」とし...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
「CASIO W-64」を着けて育ったという海外のファンが、現在使用している「Apple Watch」の時計盤をデザインして話題に。創作デザインであるが、...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
……え、時計だったの?と、思わず心の中で呟いてしまった。このアンティーク調な建物のオブジェ、窓にともる光で時間を知らせてくれるというシロモノ。何時を指し示...
今月から「シチズン」が同ブランドの腕時計の購⼊時に「箱不要」を選択すると、マングローブの苗1本が寄付できる「Eco Tree ACTION」をはじめている。
にぎやかなデザインも悪くはない。けれど、サステナブルが注目される時代性を反映したデザインは意識したい。そんな世の流れを分かっている人にこそスウォッチの「S...
いくつになってもやっぱりキラキラ輝くアイテムを着けたい……そんな人の手元はキッズ用ウォッチブランドFlik Flakの「GLITTERAXUS」でさり気に...