懐かしくなる。失われそうな「音」を記憶したWEBサイト

突然ですが、10年前に使っていたカメラのシャッター音って思い出せますか?ケータイの着信音は?耳にしたことがない人もいるかもしれませんが、タイプライターをたたく音はいかがでしょう?

Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイトで、アクセスをしたら25個のガジェットが表示されます。そして、懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。たとえば、ラジカセやダイヤル式電話、フィルムカメラなどなど。

このWEBサイトにある音を通して、当時の記憶をたどるなど楽しめそうですよね。

Top image: © 2018 CHUN+DERKSEN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
スウェーデンのデザイナーのLove Hulténが木からつくりだすのは、懐かしさと新しさが同居するガジェットたちだ。温もりたっぷりの木製なのにちゃんと遊べ...
「Cities and Memory」は、世界75カ国からその土地の音を2,000以上集めたWEBサイトだ。トップページの世界地図にはフィールドレコーディ...
ラジオとカセットが合体してできた、日本発のイノベーション=ラジカセ。おそらくオーバー40くらいの方々にとっては「持ってた!持ってた!」とノスタルジーを掻き...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
懐かしの回転式ダイヤルを、ロシアの「CAMFRAE」というデザイン会社が、現代にあるさまざまな物に埋め込んだイメージ画像を製作。意外にも馴染んでいるようで...
今やテレビの中の世界になってしまった「黒電話」。あの進化版が登場。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...