エモすぎる!懐かしいアプリデザインを蘇らせるサイト「Icon Rewind」

「新型コロナウイルス(COVID-19)がなく、自由だった世界に戻りたいなあ」

外の世界はまだ完全復活とは言い難いが、さまざまなバイラルコンテンツを生んできた「MSCHF」のウェブサイト「Icon Rewind」を使えば、iPhone上が古き良き時代にプレイバックし、その夢を少しだけ叶えてくれるかも……。

かつてInstagramがポラロイド風のデザインだったり、YouTubeがブラウン管のデザインをしていたのを覚えているだろうか?

このサイトを使えば、なんとそのアイコンたちがiPhone上に戻ってくるのだ!

方法はいたって簡単。Safariから「Icon Rewind」にアクセスし、呼び戻したいアイコンを選択するだけ。たった数秒であっという間にあなたの画面上に。開くと現行のアプリにリダイレクトしてくれるので、ちゃんとアプリとして機能してくれる。

「スナチャのアイコンに顔が付いていたときは、外での楽しい瞬間をたくさんスナップできてよかったな〜。早く戻るといいな」なんて、懐かしいアイコンを目にしてちょっとエモい気分になっちゃったりして。

『Icon Rewind』

【公式Webサイト】https://iconrewind.co/

Top image: © MSCHF
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
日本全国約7000のインスタ映えスポットを掲載しているサイト「スナップレイス」は、2020年に流行が予想されるインスタ映えスポットの特徴を発表。
7月に「Who’s In Town?」というアプリがリリースされた。地図上で特定のInstagramのフォロワーに自分の位置情報を共有できて、誰かから教え...
11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...
Facebookの広報担当者は8月2日に「製品やサービスがFacebookの一部であることをより明確にしたい」と声明を発表。傘下にある2つのアプリ、Ins...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
ブラウジング中のユーザーの表情からサイトが与えている影響を分析して教えてくれる「Misu」というアプリ。自分で判断するのは難しいインターネットの心理的影響...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「World Brewers Cup 2016」チャンピオンのトップバリスタ・粕谷哲氏と、フレブル専門誌『BUHI』がコラボして作ったコーヒーが発売。ナッ...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
東京、ひいては日本の魅力を撮り続けるフォトグラファーR̸K̸さん。切り取られた写真を見ると、なんだか懐かしい気持ちになります。
タルトばっかりを投稿しているInstagramアカウント「@lokokitchen」を見つけました。
荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
大人気キャラクター「Barbie(バービー)」のYouTubeチャンネルに、黒人の友人Nikkiが登場。彼女の差別の体験談を聞き「人種を理由に差別されるの...
先月23日、「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」が日本人宇宙飛行士を新たに募集すると、萩生田光一文部科学大臣が発表した。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
12月4日、「Instagram」が新規アカウントを作成する際に「生年月日」の登録を義務付けると発表した。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
「SKY」と名づけられたこのライト、パネルを組み合わせたりアプリを利用したりすることで(SiriやAlexa、Google アシスタントでもOK!)、図柄...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。