Instagramのフォロワーに「自分の位置」を教えるアプリ

7月に「Who’s In Town?」というアプリがリリースされた。地図上で特定のInstagramのフォロワーに自分の位置情報を共有できて、誰かから教えてもらった場合はそれを確認することもできる。

仕組みは、アプリをダウンロードしてInstagramにログインすれば、自動的に位置情報が吸い上げられ、地図上に反映されるようになっている。利用するには、月額6.99ドル(約760円)もしくは年間69.99ドル(約7600円)がかかる。

位置情報を公開する相手を間違えてしまうと悪用されかねないが、上手に使えば、「今どこにいる?」というメッセージを送る必要がなくなる。簡単に言えば、日本の女子高生などが使っているアプリ「Zenly」と似たようなサービスだ。

Top image: © 2019 Who's in Town
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...