12星座が示す、自分にピッタリな職種がこれ!

そこに説得力なんかなくても、ついつい見てしまうのが星占い。運勢、恋愛、性格、その“ネタ”もさまざまですが、ついにはシゴトまで!?

毎朝の星座占いで一喜一憂している私には、ちょっとササってしまいましたが、みなさんはどうでしょう。ライターRosebud Bakerが「Elite Daily」で紹介するのは、12星座から特徴や性格に基づいて、導き出したそれぞれに向いている職種。ま、遊び半分のつもりでどうぞ。

星座によって分かる
向いてる職業

自己評価から、どのくらい稼げるか、そして社会貢献にいたるまで、どのような職業があなたに向いているのか、または仕事でどれくらい成功できるか、それらはすべて「星座」に現れています。

ここでカギとなるのはMidheavenという、正確な星座の位置。こちらのサイトから確認できます。自分だけの巡り合わせによって、本当の自分がわかるかもしれませんよ。

即戦力となる
<おひつじ座>

おひつじ座は将来を見据えるように仕事をする人で、即戦力になりえる人材。そのため、自発的に動けるような仕事が得意のようです。たまに自分の能力に自信をなくしてしまうため、周りからのフォローや励ましも必要です。

着実とこなせる
<おうし座>

ペースはゆっくりだけど、着実に仕事をこなすタイプのおうし座。ひとたび目標を持てば、時間はかかってしまっても、達成するまで決して諦めない性格です。ただ、やる気を起こさせるためにも、時間がかかってしまうのが難点なところ。

スピード感重視の
<ふたご座>

ふたご座はスピード感と変化のあるような仕事を好みます。一度に二つのキャリアを追求している人にこのタイプが多いんじゃないでしょうか。いつも同じようなルーティンになると飽きてしまうため、好奇心を刺激するような仕事、例えばマスコミやジャーナリスト、メディアやマーケティング業界などが向いているようです。

情にあつい
<かに座>

かに座の人たちは生まれ持った教育者です。情と創造性に溢れているけど、感情的な面を抑えなきゃいけない葛藤もあるため、たまに感情の起伏が激くなってしまうのが玉にきず。他の人たちへの気がかりと、直感を活かせるような仕事が向いていると思います。例えば、シェフ、ソーシャルワーカーや、教師などがぴったり。

スター気質の
<しし座>

しし座の人たちは揺るがない信念のもと、目標に一直線なタイプ。決断力のある人たちだけど、たまに傲慢だったりせっかちだったりもします。スポットライトを浴びるような仕事が合ってるようです。例えば、俳優、歌手やダンサー。スターのように輝けるような仕事が向いていると思います。

完璧主義者の
<おとめ座>

細部によく気付き、分析や批評が上手いのがおとめ座。その完璧さを目標としていられるような仕事を持つと才能が発揮され、世の中をより良くしていけるはず。例えば、研究者、教育者、または文芸関係の仕事が向いているでしょう。

駆け引き上手な
<てんびん座>

てんびん座には、駆け引きに必須な自己表現力と愛嬌があります。そして、いつも正義と公平さを追求し、そのために戦うこともあるため、弁護士、マネージャー、判事やカップル・セラピストなどの仕事が向いています。

真実をあばく
<さそり座>

さそり座は、人の闇の部分を照らすことができる人たちでもあります。人の嘘や裏の顔を見抜けるような才能を持っていて、真実をあばくような仕事が向いています。例えば、探偵や犯罪心理学者など。

ノマドワーカー気質の
<いて座>

常に動いていないとダメな人たちが多いのがいて座。いろんな国や場所へ旅をして、自身の好奇心を埋めないと気が済みません。例えば、輸入品を扱うような仕事、またはパイロットやキャビンアテンダントなどのような飛び回れる仕事に向いているかもしれません。

ビジネスマインドをもった
<やぎ座>

やぎ座の人たちは、仕事に真面目でもあり、出世するためには野心に溢れ、とても早く行動します。ビジネスの才能に長けて、将来お金持ちになるために努力をするタイプなので、社長や経営者に向いています。

新しい刺激に貪欲な
<みずがめ座>

みずがめ座は、自分が自由でいられるような仕事を求めています。自分にしかできないものを。それは、他の誰かから監視されたり指示されたりするのを嫌がるから。いっときは一つの仕事に就くかもしれないけれど、突然辞めて別な仕事に転職するのもしばしば。新しいことを学ぶのが好きで、いろんなことに挑戦できるようにコネクションを絶やさずにいます。

クリエイティブで情熱的
<うお座>

うお座の人たちは、自分たちの直感によって決断できるような仕事が向いています。お金より情熱を重要視するため、音楽、舞台、映像関係の仕事が向いていると思います。ただ、作品に集中するがあまり、ディレクションやマネージメントができないため、そのようなサポートが必要となるけれど。

Licensed material used with permission by Elite Daily
12星座の中から、それぞれの性格を判断し「もし世界がその星座の人々ばかりであったら、どんな世界になるのか」という記事を紹介。おひつじ座ならば、パーティー好...
今のパートナーにいまいち満足できない、本当に幸せなのか分からない、何だか無理をしている気がする…それは、そもそも恋愛へのアプローチ方法が間違っている可能性...
彼女がまとめたのは、「星座別セックススタイル」。当たっていようとそうでなかろうと、クスッと笑える内容です。星座でわかるわけない、なんてごもっともなツッコミ...
「Higher Perspective」に掲載された、「12星座別の性格」。当然すべての人に当てはまるなんてことはないものの、「なんとなく当たっているかも...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
「人間のキャラクターを12種類に分けることなんてできない!」と思いつつも、意外と当たっているから怖いのが、星座診断。とくに、長い時間を一緒に過ごす恋人との...
夏も間近でそろそろバケーション気分。行き先がなかなか決まらないのなら、星座の特徴から自分に合った旅先を選んでみるのはどうでしょう?自分の時間が大切、人との...
一度は気が狂うくらい夢中になっていたパートナーへの愛が静かに消えていく理由は、星座別でわかってしまうというのが「Elite Daily」のRosebud ...
アメリカの若者の間で人気の「Elite Daily」で、「12星座別、それぞれが最も恐れているものは?」という記事を見つけました。これまでにあまり見かけた...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
2015年も残りあとわずか。そろそろ意識が新年に向き始めている人も多いのではないでしょうか。そこで「Higher Perspective」に掲載されている...
星座は、あなたが付き合うべき人と、避けるべき人を明らかにしてくれます。自分と相性の悪い人物と付き合って気付いたときには遅すぎる…なんてまっぴらでしょう?恋...
ギリシャ神話に見るエロスとは、愛と性欲の神。でも、現代においては「エッチがしたくてしょうがないカップルを描写する言葉」だと、ど直球に訴えかけるのはライター...
占いを信じるかどうかは別として、どの星座もどことなく納得できる「特徴」を持っていることは誰もが思い当たるふしがあるのでは?その特徴が、じつは「キスの仕方」...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
キスの仕方は、一見みな同じようでいて実際は人それぞれだと、ライターChristin Schoenwald氏は指摘します。ここまでは誰もが頷けるはず。ところ...
多くの雑誌に載っている星占いは「今月の運勢」ですが、これからご紹介するのはひと味違う「星座別“かわいいところ”」。Christine Schoenwald...
乙女座は、星座別の性格診断などによると「細かくて融通が効かない」と思われがちです。でも実際は、もっとも効率的な性格の持ち主なのだとか。8/23-9/22に...
ついつい気になる、12星座別の相性占い。ライターChristine Schoenwald氏が「YourTango」にまとめた記事を紹介します。中には「本当...
すべての人に当てはまるというわけではありませんが、「傾向」として気になるこちらの記事。ライターCaithlin Pena氏が「YourTango」にまとめ...
現在恋愛中の人もこれからの人も、ライターChrissy Stockton氏が「Thought Catalog」にまとめた記事は必見!?というのも、12星座...
人間関係は、山あり谷あり。うまくいかないのは双方の責任でもありますが、自分から直していけるところもあるはずです。でも自分の短所はなかなか周りに聞きづらいも...
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。