ゴッホやピカソ、北斎まで「自分の写真が有名アート風」になるアプリ

古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。

今でも有名画家に絵を描いてもらうことに憧れがある人は多いようで、海外ではその権利がチャリティオークションにかけられることもしばしば。でもね、もっと簡単な方法が。

2016年6月11日にロシアでリリースされたアプリ「Prisma」は、65万以上のダウンロードを記録!セルフィーや景色、ペットまで「あの巨匠の絵」になってしまうんです。

あっという間に
「名画風」を
インスタにアップできちゃう

Зачем стоять на месте, когда можно и нужно идти вперёд?! #prisma #мысливслух

Валерия Лауферさん(@valerialaufer)が投稿した写真 -

フィルターは約20種類

今あるアプリの多くは、フィルター加工やレイアウト編集、文字入れ機能などが中心の中、こちらは人工知能とニュートラルネットワークを使って画像を「再描」。まるで本物の絵画のように加工してくれるんです。写真が多いインスタの中で、この画像が上がってきたら、目を引きますよね。

使い方も簡単。アプリ上で写真を選ぶか撮影し、どんなスタイルにしたいか選ぶだけ。ゴッホやピカソ、レビタンや北斎、はたまた色鉛筆で描いたような繊細なものなど、楽しいラインナップが約20種。

加工前の写真と一緒にアップしたり、同じ写真をいろんなスタイルで作ったりと、かなり遊べそう。「#prisma」のハッシュタグで検索すると、250万件以上の投稿が見つかるほどほどの人気っぷり、わかります。ダウンロードはコチラから!

一部表記に誤りがあったため、記事を修正させていただきました。
 TABI LABO編集部(7月11日)
Licensed material used with permission by Prisma
Reference:Sputnik
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
2016年6月11日にリリースされてから、たった5日間でユーザー数65万人を獲得したアプリ。世界中で話題になってます!どういうフィルターがかけられるかとい...
葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当の凄さを知らないのかもしれない。現在開催中の「北斎とジャポニスム」展...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に...
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
デヴィッド・ボウイの遺作『★(ブラック・スター)』は、とてもクリエイティブな作品だった。新世代のジャズ・ミュージシャンなどが参加したという事実からも、作品...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。ルネサン...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...