記録的豪雨。被災地でボランティアを行っていた「彼ら」を知っていますか?

北関東に甚大な被害をもたらした、先の「平成27年9月関東・東北豪雨」。発生から間もなく、救援活動に励むボランティアのなかに、横田基地所属の米兵たちの姿があった。

救済活動のプロ集団
有志60名が立ち上がった

Airmen flood support at Kanuma

「50年に一度の大雨」と伝えらえた栃木県では、およそ350地点で地滑りや土砂崩れが発生。消防、警察、自衛隊、さらには全国からのボランティアも加わり、総動員で救援活動が行われていたことをニュースで目にした人も多いはず。この未曾有の災害に駆けつけたもうひとつのチーム。それが、在日米軍横田基地第374施設中隊の有志60名だ。
彼らは自家用車で鹿沼市に駆けつけ、9月13日から15日にかけて、3日間に渡って復旧活動に加わった。

Airmen flood support to Kanuma

米軍横田基地の情報によると、もともと彼らは災害地の復旧活動にあたる、いわばプロ集団。被災地入りした隊員たちは、複数のチームに分散して作業を開始。地元農家の敷地に流れ込んだ土砂や倒木を掻き出し、土砂で詰まった灌漑水路を修復していった。活動の拠点となった鹿沼市立加園小学校では、校舎に堆積した土砂を取り除き、近隣住民と協力して路面の復旧に努めたという。ちなみに、米兵らは作業活動中、小学校の体育館の一角を曲がりして、寝袋で寝泊りしていたそう。

自分を育ててくれた街の被害に
「いてもたってもいられなかった」

今回の支援活動の発起人Marco Furlan Kaneko隊員は、グアテマラ人の父と日本人の母を持ち、鹿沼市で育った。幼少期を過ごした鹿沼市の被害に「いてもたってもいられず『立ち上がろう!』と仲間たちに呼びかけた」と、ニュースから流れる豪雨被害を目の当たりにした夜の Kaneko隊員心境を、米軍横田基地の公式ページは伝えている。
「困っている人々をただ見過ごすなんてできない」鹿沼で生まれ育った、彼らをはじめとする日系隊員たちの“地元愛”が、今回の支援活動を後押ししていた。

Airmen flood support at Kanuma

60名のボランティア隊員を指揮したのは、Korrine Takeyama少佐(写真右)。

「救援活動のために日頃から訓練をしているので、必ずや役に立てると思いました。本当なら100%復旧するまで協力したいところですが、許されているのは3日間だけだったので」

実際、施設中隊の司令官が彼らに許可したのは48時間のみだった。だが、なかには休暇を返上してまでボランティア活動を続行した隊員もいるとTakeyama少佐は語る。誰もが、自ら志願して鹿沼市復旧に駆けつけたことに、誇りを感じているという。

伝えていきたい
ボランティアスピリット

Airmen flood support to Kanuma

作業最終日となる3日目の朝、加園小学校はボランティアクルーを招待。学校長は感謝の気持ちをこう述べた。

「困っている誰かのために自分が動く。隊員たちのボランティアスピリットを生徒たちに伝えていきたい」

彼らの活動が大きく報道されることはなかったが、被害にあった方々や地元自治体のTwitterをはじめSNSを通じて、在日米軍有志による復興支援への感謝の波が拡散している。

The story write Staff Sgt. Cody Ramirez
The photographers, Ramirez and Mr. Yasuo Osakabe
Licensed material used with permission by Yokota Air Base

9千人近くの死者を出したネパール大地震から半年以上が過ぎた。けれど、復興はなかなか進まず、被災した人たちは苦しい生活を強いられている。そんな現状を多くの人...
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...
2016年4月14日と16日未明に、熊本と大分を襲った「熊本地震」。あれから1年と約半年。熊本出身者であり、当時、熊本で地震を経験した私の耳にうれしいニュ...
2017年5月13日(土)〜14日(日)にかけて開催予定の『第一回 ASO ROUND TRAIL』は、全長約105kmに及ぶ九州初となるロングトレイルラ...
2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県で最大震度7に及ぶ地震が発生しました(気象庁)。「防衛省」は、述べ約2,100名の自衛隊員を救援活動のために派...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...
「サッカー日本代表のエース」「ACミランの10番」そんな“本職”以外にも、「経営者」や「クラブオーナー」「MITメディアラボ特別研究員」など、さまざまな肩...
人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミ...
東日本大震災による津波で被災した、宮城県南三陸町の公立病院が「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」として、4年9ヶ月ぶりに開業されました。再建に向けて、こ...
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
10年前の2006年、アメリカのデンバーに誕生した「SAME cafe」。当時、市としては初のNPO(非営利)レストランでした。そんな、募金やボランティア...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
2014年8月に広島県で発生した土砂災害。その救助現場で活躍した夢之丞という名前の災害救助犬をあなたは知っているでしょうか?「助かった命」が、今度は「命を...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
じつはコチラ、災害を想定して設計された簡易シェルターです。とはいえ、その機能や携帯性は特筆すべきものがあります。被災地ではもちろん、アウトドアでも活躍する...
GAKU-MC/ガク エムシーラッパー アコースティックギターを弾きながらラップする日本ヒップホップ界のリビングレジェンド。2011年にレーベル Rap+...