そう簡単には再現できそうもない、発祥の地 秋田県・鹿角市の「きりたんぽ」

比内地鶏、ハタハタ、稲庭うどん、きりたんぽ鍋。

いずれも秋田県の郷土料理だ。今や全国で食べることができるほどの定番だが、郷土料理は地元の人の話を聞きながら食べるのが楽しい。

きりたんぽ発祥の地に
行ってみた

秋田県北東部、青森・岩手の県境に接する鹿角市(かづのし)。かつては鉱山によって栄えた過去を持ち、きりたんぽ発祥の地とされている。

「“たんぽ”は、家でもよく食べます」と地元の人が言う。

炊いた白米を半分ぐらいの加減でつぶし、木の棒に伸ばしつけて焼いたものが「たんぽ」。それを切ったら「きりたんぽ」になるそうだ。なるほど。

秋に新米ができて、寒くなった頃には家族や仲間内での「たんぽ会」なる鍋パを開催するらしい。

はじまりは、山の中

かつて、2〜3ヶ月ほど山小屋で暮らしながら作業をした木こりたちは、里から米と味噌を持ち込み、炊いたご飯は火で温めながら食べていた。少しでも早く温まるようにご飯を木の枝に伸ばしつけ、そばに生えていた山菜やきのこ、近くにいたウサギなどの小動物を捕まえて鍋にしたのがきりたんぽの由来。

起源は諸説あるそうだが、言われてみればなんとなく木こりたちの姿が想像できる話だ。

伝統的なきりたんぽ料理を教えてくれたのは「きりたんぽコーディネーター」でもある加藤照子さん。鹿角市の中心地できりたんぽと古代米料理が食べられる飲食店「美ふじ」を経営し、ランチから夜間までやさしい笑顔を見せている。

地元の人たちから「鹿角できりたんぽ食べるなら美ふじだよ!」と繰り返し勧められたところをみると、どうやら地元に愛されつつ観光客にも人気があるという「名店のセオリー」を押さえているようだ。

定番の具が、まちがいない

ダシは比内地鶏のスープ、具は鶏肉、きのこ、ゴボウ、ねぎ、糸こんにゃく。

きのこはナラタケ、地元では“サワモダシ”と呼ばれ、おいしいがゆえに遠方にまで出回らない地元の名産品のひとつだ。こんにゃくは、かつて炭鉱の男たちが吸い込んだ粉塵を排出しやすくする目的で入れたのがきっかけとされていて、今では食べやすいように糸こんにゃくが主流になっている。

それからきれいなグリーンを保つように最後に入れられたのが、たっぷりのセリ。秋田はセリの根っこまで食べることでも有名だ。

三等分に斜め切りされたきりたんぽは、崩れないようにあまり煮込まないのがポイントだそう。香ばしく焼かれた外側と、真ん中の穴から染み込んだスープのジューシーさが相まって、口の中でなんとも言えないおいしさが広がる。

加藤さんは話をしながらあっという間に仕上げてくれたが、ダシの割合い、具の火の通し方、たんぽの焼き加減や全体的な煮込みの度合いなど、いやいやこれはそう簡単に再現できそうもないクオリティ。まちがいなくDNAを底力にした熟練技だ。

発祥の地である誇りと、雪国ならではの凛とした姿。これまであまり知らなかった「きりたんぽ」の魅力の深さを知った。

また食べに行きたい、発祥の地へ。

取材協力:美ふじ
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
秋田の「いぶりがっこ」は、簡単に言えば燻った大根。「がっこ」とは秋田の方言で漬物のことで、秋田県南部では古くから「いぶり漬け」と呼ばれ愛されてきました。こ...
湯治とは、まだ医療が今ほど発達していなかった時代において、温泉で病を治したという温泉療法のこと。1週間から10日間ほど温泉地に滞在しながら療養することと定...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
ここ数年、地方の魅力を発信するムービーを数多く見かける。ときにそれはネットを通して世界中を駆け巡り、海外から「amazing!」の声が届くこともしばしばだ...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
「忘れかけてた 恋しい景色 小さな手を握りしめて 行こう 帰ろう」。そんな優しい歌とともに始まる、秋田県を題材にした動画をご紹介。切り取られたのは、家族で...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
秋田県内にある人気の紅葉スポットを紹介。十和田湖、田沢湖、出羽富士とも言われる鳥海山など、雄大な自然の中にある紅葉スポットが満載。さらに乳頭温泉郷にある紅...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
11月上旬に初雪を観測した秋田県の秘湯、「乳頭温泉温泉郷」を紹介します。行き方は「東京」駅から乳頭温泉郷の最寄り「田沢湖」駅までは2時間50分ほど。最寄り...