組み立てや運搬も簡単。折りたたみ式「災害時シェルター」がスゴい(再利用も可)

地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかーー。シンガポールに拠点を置くデザイン・建築オフィス「WY-TO」の答えは、折りたたみ式のシェルター「Living Shelter」でした。

アジアで起きる
自然災害時のニーズを
ほぼ網羅

特徴は大きく5つ。

・フラットで運搬しやすい

・大人2〜3人、30分程で組み立てられ、特別なツールは必要なし

・東南アジアの気候、環境に合わせて作られている

・家具から照明まで、基本的な住環境ニーズを押えている

・再利用可能

な点。

縦2m30cm、横2m83cm、幅4.3cmとぺたんこになるので、スマートな運送が可能です。

組み立ても簡単で、コンテナやトラックで一度に運搬できる数も上記の通り。

復興まで見据えた
無駄のない設計

東南アジアによく見られる、高床式で風通しがよい「カンポンハウス」を参考に設計。鍵はもちろん、虫が入ってこないよう窓にはネット、ベッドやハンモックなどのポータブル家具、外で料理する際の棚、ソーラーパネル発電、雨水回収システムも付いているという万能性。

また最終的に、使用されている部品は簡単に解体して再利用もできるそうで、災害時から復興までを視野に入れた、無駄のないデザインが秀逸です。

プロトタイプは2016年5月28日から開催されるヴェネチア・ビエンナーレ建築展への出展が決まっていますが、4万ドル(約430万円)の資金を必要としていて、現在「INDIEGOGO」にて支援者を募っています。

被災地復興の強い味方となりそうなこのシェルター、早いタイミングでの商品化を期待したいところです。

Partnership with POD Structures

Licensed material used with permission by WY-TO, (Facebook), (Twitter), (Instagram)
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
災害を想定して設計された簡易シェルターです。機能や携帯性は特筆すべきものがあります。被災地ではもちろん、アウトドアでも活躍する!?パーツが閉じている状態の...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
新型コロナウイルスの影響で、2020年は世界的に献血が不足しているという。そこで、チェコの「赤十字社」が献血を促す啓発動画を公開
ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。さて、今回...
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
NASAの発表によれば、空気中にある水蒸気がかたまって移動するときに形成される“川”のようなものが、洪水と干ばつを引き起こしているとのこと。これにより、3...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
「東京国立博物館」の一部をCGで再現したバーチャルミュージアム「バーチャルトーハク」が来月19日(土)からのスタート。
新型コロナウイルスやインフルエンザはもちろんですが、今年は同時に、見分けのつきにくい「風邪」にも気をつけなければなりません。「風邪にかからないためにできる...
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
アウトドア、屋外イベント、災害時、多目的に使える完全DIY型のドームハウス「EZ DOME HOUSE」が日本上陸。
オーストラリアのメルボルン市議会は、市内にある図書館で新たなサービスを展開するため、常勤のソーシャルワーカーを雇用した。このサービスは、ホームレスといった...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...