天高く伸びる「災害シェルター」の意義

天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組(Damian Granosik、Jakub Kulisa、Piotr Pańczyk)が考案した災害シェルター「Skyshelter.zip」だ。

風船の如く膨らむ高層ビル

© Damian Granosik

折り紙のようにコンパクトに畳んで、ヘリコプターなどで簡単に運搬可能。外壁部分にはヘリウム風船のような部品が仕組まれている。土台を建て、膨らませば高層シェルターの完成だ。

わざわざ高層であるメリットは3つ。

建物が災害時のランドマークになること、高さを活かして雨水を浄化できること、そして土地の使用面積が従来の仮設住宅やシェルターの30分の1になることだ。建物内で植物の栽培をしたり、外壁で太陽発電もできるという。

世界中で増える災害に焦点を当てたこのコンセプトは、建築メディア『eVolo』の「Skyscraper Competition 2018」というコンペで、500以上ある応募作品の頂点に立った。

実現を疑った人は、正解だ

© Damian Granosik

さて、「こんなの本当に建つのか?」と思った人は正しい。これはあくまでコンセプトであり、アイデアであり、完全なフィクションだ。

そもそもコンペ自体が高層建築のアイデア、コンセプトを募るものであり、『eVolo』の編集長いわく13年の歴史をもつこのコンペで実現した受賞作品はひとつもないという。

そんなコンペに対しては厳しい意見も出ている。イギリスの建築デザインメディア『Dezeen』のコメント欄では、好意的な意見と並んで「現実世界の要素を完全に無視したコンペになんの意味があるんだ」「こういう類の提案は、建築界のフェイクニュースに”近い”」といった批判も見受けられた。

コンペの是非を問う以前の問題として、こうした提案をあくまで「アイデア」だときちんと書かないメディアや、そうと気づかずに情報を拡散してしまう人が多いのも事実だ(ちなみに前述の『Dezeen』は、これがコンセプトであることをちゃんと書いている)。

そうなってしまえば確かに「嘘」である。でも大体は誤解を生む書き方で報じる側、そうでない場合はきちんと読まない読者側の問題だ。

実現しないアイデアだって無駄じゃない

© Damian Granosik

では、なぜ実現可能性の著しく低いアイデアが取り沙汰されたり、コンペになったりするのだろう?

「建設の際に考えるべき要素にとらわれず、コンセプトの実用性や有用性だけをみることによって、人は夢をみたりインスピレーションをもらったりできる」

「Anne Quito /『“ARCHITECTURE FICTION” IS THE DESIGN WORLD’S CLICKBAIT』/ Quartzy より引用」

『eVolo』のコンペで審査員を務めたJames Ramseyは、ビジネスメディア『Quartzy』でそう話している。その考え方は、SFの必要性に通じるものがある。

この記事を書いたライターのAnne Quitoは、ほかにもこうした挑発的なアイデアが若い建築家のキャリア開始に役立つこと、そしてこうしたコンセプトが本当に実現してしまうこともあるといった意義も挙げている。

コンセプトだけの建築コンペを開くことに是非はあるものの、アイデアはそれ自体が尊い。実現の可能性が低くとも、それが次につながったり、誰かのインスピレーションになったり、ひょっとしたら本当に実現してしまうかもしれないのだから。

それをはじめから無駄と決めつけてしまうのは、野暮ってものではないだろうか。

Top photo: © Damian Granosik

関連する記事

地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
スタートアップ企業「Jupe」によって製造されているこのポータブルシェルターは、約10㎡の土地さえあれば、わずか数時間で組み立て&分解が可能とのこと。元「...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
災害を想定して設計された簡易シェルターです。機能や携帯性は特筆すべきものがあります。被災地ではもちろん、アウトドアでも活躍する!?パーツが閉じている状態の...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
バイデン氏の愛犬・メジャーの「バーチャル就任式」が1月17日に開催されるという。じつはメジャー、ホワイトハウスにやってくる歴史上初のシェルター犬として大き...
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
オーストラリアのメルボルン市議会は、市内にある図書館で新たなサービスを展開するため、常勤のソーシャルワーカーを雇用した。このサービスは、ホームレスといった...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。さて、今回...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
米国大手新聞社「ニューヨーク・タイムズ」は今月21日に発行した1面を黒いドットで埋めた。ある程度の規則性を持ちながら打たれた砂嵐のように見える黒いドットは...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...