天高く伸びる「災害シェルター」の意義

天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組(Damian Granosik、Jakub Kulisa、Piotr Pańczyk)が考案した災害シェルター「Skyshelter.zip」だ。

風船の如く膨らむ高層ビル

4894898025136128
© Damian Granosik

折り紙のようにコンパクトに畳んで、ヘリコプターなどで簡単に運搬可能。外壁部分にはヘリウム風船のような部品が仕組まれている。土台を建て、膨らませば高層シェルターの完成だ。

わざわざ高層であるメリットは3つ。

建物が災害時のランドマークになること、高さを活かして雨水を浄化できること、そして土地の使用面積が従来の仮設住宅やシェルターの30分の1になることだ。建物内で植物の栽培をしたり、外壁で太陽発電もできるという。

世界中で増える災害に焦点を当てたこのコンセプトは、建築メディア『eVolo』の「Skyscraper Competition 2018」というコンペで、500以上ある応募作品の頂点に立った。

実現を疑った人は、正解だ

5274224302227456
© Damian Granosik

さて、「こんなの本当に建つのか?」と思った人は正しい。これはあくまでコンセプトであり、アイデアであり、完全なフィクションだ。

そもそもコンペ自体が高層建築のアイデア、コンセプトを募るものであり、『eVolo』の編集長いわく13年の歴史をもつこのコンペで実現した受賞作品はひとつもないという。

そんなコンペに対しては厳しい意見も出ている。イギリスの建築デザインメディア『Dezeen』のコメント欄では、好意的な意見と並んで「現実世界の要素を完全に無視したコンペになんの意味があるんだ」「こういう類の提案は、建築界のフェイクニュースに”近い”」といった批判も見受けられた。

コンペの是非を問う以前の問題として、こうした提案をあくまで「アイデア」だときちんと書かないメディアや、そうと気づかずに情報を拡散してしまう人が多いのも事実だ(ちなみに前述の『Dezeen』は、これがコンセプトであることをちゃんと書いている)。

そうなってしまえば確かに「嘘」である。でも大体は誤解を生む書き方で報じる側、そうでない場合はきちんと読まない読者側の問題だ。

実現しないアイデアだって無駄じゃない

5954140039544832
© Damian Granosik

では、なぜ実現可能性の著しく低いアイデアが取り沙汰されたり、コンペになったりするのだろう?

「建設の際に考えるべき要素にとらわれず、コンセプトの実用性や有用性だけをみることによって、人は夢をみたりインスピレーションをもらったりできる」

「Anne Quito /『“ARCHITECTURE FICTION” IS THE DESIGN WORLD’S CLICKBAIT』/ Quartzy より引用」

『eVolo』のコンペで審査員を務めたJames Ramseyは、ビジネスメディア『Quartzy』でそう話している。その考え方は、SFの必要性に通じるものがある。

この記事を書いたライターのAnne Quitoは、ほかにもこうした挑発的なアイデアが若い建築家のキャリア開始に役立つこと、そしてこうしたコンセプトが本当に実現してしまうこともあるといった意義も挙げている。

コンセプトだけの建築コンペを開くことに是非はあるものの、アイデアはそれ自体が尊い。実現の可能性が低くとも、それが次につながったり、誰かのインスピレーションになったり、ひょっとしたら本当に実現してしまうかもしれないのだから。

それをはじめから無駄と決めつけてしまうのは、野暮ってものではないだろうか。

Top photo: © Damian Granosik
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。
災害を想定して設計された簡易シェルターです。機能や携帯性は特筆すべきものがあります。被災地ではもちろん、アウトドアでも活躍する!?パーツが閉じている状態の...
里親を待つシェルター犬たちが、お見合い成立後にさっぱりしてから新たな家族の元へ行くことはあるかもしれません。でも、第一印象がイマイチだと、なかなか貰い手が...
ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。さて、今回...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...
NASAの発表によれば、空気中にある水蒸気がかたまって移動するときに形成される“川”のようなものが、洪水と干ばつを引き起こしているとのこと。これにより、3...
2014年8月に広島県で発生した土砂災害。その救助現場で活躍した夢之丞という名前の災害救助犬をあなたは知っているでしょうか?「助かった命」が、今度は「命を...
原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas P...
バークレーやサンフランシスコに続き、9月18日にロサンゼルス市議会が毛皮の製造と販売禁止を決定しました。
どれだけの重機と人出が必要だったのか、またどれほどの建築費がかかったかは不明。ただ、天へと向かって首を伸ばす、まるで絵本の中から出てきたような家があります...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...