アラスカの荒野に天高くそびえる「家」があった!

どれだけの重機と人出が必要だったのか、またどれほどの建築費がかかったかは不明。ただ、天へと向かって首を伸ばす、まるで絵本の中から出てきたような家があります。これを「家」と呼ぶのもはばかられるその外観。これはいったい、ナンダ?

高さ55メートル
絵本の中から飛び出た家

5491ad4db7f9b4ce5badd3d685883e248a215f0dD9c767c084675721c29e3d893cd7e7c91ec869e1

アラスカ州アンカレッジから北へ180キロ、タルキートナ村の森の奥に天空へと伸びる、それが建っていました。まるで建設途中で廃墟となった鉄塔のような風貌。どこか、物悲しさを感じます。

「ノーザンライツが見たいのさ」

C3d9e84cc70f281b26f0bab5a727e214a586eb5e

オーナーは、Phillip Weidnerさん。彼は約15年の歳月をかけて「Goose Creek Tower」と名付けた塔を作り続けて来ました。目的はただひとつ。地平線の向こう、アラスカの夜空に輝くノーザンライツ(オーロラ)を眺めるために。

屋根の上に6つの小屋を
積み重ねて完成?

910cd3b80560dd171d14985028c15f7f93c13712Aed85fcf833e7029bf1cd2669bd4061d5091feca

土台となる家の上にひと回り小さな小屋を組み立てて載せていきます。その小屋の上にまた、ひと回り小さなものを。こうして、6段重ねの塔が完成。本当は、もっと高く部屋を積み上げたかったと語るPhillipさん。けれど、地上60メートルを超えると合衆国領空に達してしまうこの地域。そのため、これ以上の増築はしないと決めたんだそう。

8cc7726c130049e17b93a293f17b364f092b2df26bb8e87c23bfdb96b02f901cdd946e868b34083dEb329c940f94b4d71de3254d6dd40a8da7056448Bf71d6cfd2ab780d17c892155ccefa32d1bd5db4

現在、高さ55メートルに達した天守閣ならぬ最上階からは、360度全方位、地平線までバッチリ見渡せます。ただ、上へ上へととにかく高さを追求してきたPhillipさん。ところが、一段目の母屋以外は、壁が貼ってなかったり、ガラス窓が抜けていたり。各階を仕上げていかなければいけなさそうですが…。

次なる夢は、
ラジオ放送局開局

1fa6a4b1a1aac75ba81a4568cb1d305ad1615cd8

「最上階に上がるたびに、いろんなことを考えてしまうんだ。ここに立てば、きっと宇宙とのつながりを意識するはずさ」

次なる目標は、ここにアマチュア無線を引き、ラジオ番組を放送することだと語るPhillipさん。いくつになっても見果てぬ夢を追いかける。アラスカのおじいちゃんにエールを送りたいっ!

Licensed material used with permission by Gonzalez, Eric
「フリートラベラー」中村洋太が目にした-39℃の世界、アラスカ。厳冬に生きる人々と自然を独自の視点で記事にしました。
ある日、1通のメールが届いた。カレンダーとそのプロモーションムービーを制作したから見てほしいのだという。どうやら「アラスカの男たちのイメージを変えたい!」...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
写真家のPatty Waymireさんは、真っ白な雪景色に佇む、真っ白なシロクマを撮影しようと、極寒のアラスカ・バーター島へと足を運びました。しかし現地に...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
エッフェル塔、エンパイア・ステート・ビルディング、ブルジュ・ハリファ...人類はその文明を誇るため、より高い建築物を作り上げてきました。「Clouds A...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
アラスカ州スワード。総面積の約3割が川や湖などの水域となっているこの都市は、クルーズ客船の停泊地、アラスカ鉄道の起点、そしてキーナイ・フィヨルド国立公園の...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
「GOOSE ISLAND(グースアイランド)」は1988年にシカゴで誕生した、アメリカ中西部最大のクラフトビールブランド。こだわりのホップ...