アラスカの荒野に天高くそびえる「家」があった!

どれだけの重機と人出が必要だったのか、またどれほどの建築費がかかったかは不明。ただ、天へと向かって首を伸ばす、まるで絵本の中から出てきたような家があります。これを「家」と呼ぶのもはばかられるその外観。これはいったい、ナンダ?

高さ55メートル
絵本の中から飛び出た家

アラスカ州アンカレッジから北へ180キロ、タルキートナ村の森の奥に天空へと伸びる、それが建っていました。まるで建設途中で廃墟となった鉄塔のような風貌。どこか、物悲しさを感じます。

「ノーザンライツが見たいのさ」

オーナーは、Phillip Weidnerさん。彼は約15年の歳月をかけて「Goose Creek Tower」と名付けた塔を作り続けて来ました。目的はただひとつ。地平線の向こう、アラスカの夜空に輝くノーザンライツ(オーロラ)を眺めるために。

屋根の上に6つの小屋を
積み重ねて完成?

土台となる家の上にひと回り小さな小屋を組み立てて載せていきます。その小屋の上にまた、ひと回り小さなものを。こうして、6段重ねの塔が完成。本当は、もっと高く部屋を積み上げたかったと語るPhillipさん。けれど、地上60メートルを超えると合衆国領空に達してしまうこの地域。そのため、これ以上の増築はしないと決めたんだそう。

現在、高さ55メートルに達した天守閣ならぬ最上階からは、360度全方位、地平線までバッチリ見渡せます。ただ、上へ上へととにかく高さを追求してきたPhillipさん。ところが、一段目の母屋以外は、壁が貼ってなかったり、ガラス窓が抜けていたり。各階を仕上げていかなければいけなさそうですが…。

次なる夢は、
ラジオ放送局開局

「最上階に上がるたびに、いろんなことを考えてしまうんだ。ここに立てば、きっと宇宙とのつながりを意識するはずさ」

次なる目標は、ここにアマチュア無線を引き、ラジオ番組を放送することだと語るPhillipさん。いくつになっても見果てぬ夢を追いかける。アラスカのおじいちゃんにエールを送りたいっ!

Licensed material used with permission by Gonzalez, Eric

関連する記事

日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
「フリートラベラー」中村洋太が目にした-39℃の世界、アラスカ。厳冬に生きる人々と自然を独自の視点で記事にしました。
NASAの地球観測衛星「ランドサット」がとらえた、アラスカの氷河・氷床の映像。過去47年分の大地の記録。
ある日、1通のメールが届いた。カレンダーとそのプロモーションムービーを制作したから見てほしいのだという。どうやら「アラスカの男たちのイメージを変えたい!」...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
6月30日、「アラスカ航空」が新型コロナウイルスの感染拡大防止策のガイドラインについて発表した。症状がないことなどを宣言する健康同意書にサインをする必要が...
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...