災害時に「地図」を使って活躍する、世界初のドローン部隊を誕生させよう!

噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができません。
ドローンを使って災害マップを作成する「DRONE BIRD」プロジェクトがいま、動き出そうとしています。

クライシスマッピング
第一人者が立ち上がった

11011952_10156264565415593_1368741868435943200_n同プロジェクトの発案者である古橋大地さんは、クライシスマッパーズ・ジャパン(NPO法人申請中)代表であり、国内の災害マップ作成の第一人者。プロジェクトについて説明する前に、まずはこれまでの活動を振り返っていきます。

災害発生後、インターネット上で
被災マップを作成

古橋さんはオンライン上で誰でも編集可能な「オープンストリートマップ」について、研究と開発を進めてきました。
災害時には、国連や赤十字などに有力な情報を提供。2010年1月のハイチ地震、2011年3月の東日本大震災、そして、2015年4月のネパール地震では、現地やネット上に集まった世界中のボランティアたちと一緒に、リアルタイムで状況がわかる被災マップを作成しました。

12278748_10156264561135593_9204708672636519608_n12243010_10156264561065593_2634126480132014208_nハイチ地震前(図上)、後(図下)を表す地図。古橋さんが作成に携わった。

現地状況を最短2時間で空撮し
パソコンやスマートフォンに配信

「現地の航空写真を早く入手できれば、多くの命を救えたかもしれない。そのためには、ドローンによる迅速な空からの撮影部隊と、地図作成者が一体となった、新しいチームづくりが急務だと感じたのです」と、古橋さんは語ります。

ドローンによって、津波で浸水した町や土砂崩れが起きた場所など、人が入れないエリアの撮影が可能です。訓練された操縦者と準備さえあれば、即座に出動し、現地状況を最短2時間で空撮。その情報をパソコンやスマートフォンで公開できます

こ最近では飛行マナーが問題視され、負の側面にも注目が集まるドローン。しかしドローンは、“空の産業革命”と呼ばれ、多方面での活躍が期待される存在。いまこそ、人道支援の現場に必要とされています。

12184235_10156264635240593_8317290886264951594_oドローンを使うメリットは危険エリアにも送り込めること。写真は飛行ルートの設定画面。

「DRONE BIRD」基地を
全国10ヵ所に設置

content_9bf2e5de0959c5208987676b31f0e51ee7160de2古橋さんが指揮をとる「DRONE BIRD」プロジェクトの目標は、日本全国のどこで災害が起きても対応できるよう、2020年までに隊員を100名育成し、全国10ヵ所に基地を設置すること。そして、災害発生後、空撮を開始してから2時間以内にマップを作るため、常時1000人の地図作成者が可動できる仕組みを整えていくそうです。

その第一歩として、2016年8月までに青山学院大学のある相模原に「DRONE BIRD」総指令本部を、その3ヵ月後、伊豆大島に「DRONE BIRD」基地を設置する予定。安全でGPSの精度が高い最先端のドローンを購入して、マップのクオリティを上げていくとのこと。

災害マップを作るための
3つの技術部隊を結成

「DRONE BIRD」基地には、以下3つの技術部隊がスタンバイ予定。

・ドローンを操縦する「DRONE BIRD パイロット」
万が一、人や建物に当たっても被害のない、小型軽量、最先端の無人飛行機を、現場に急行させる。

・ドローンを修理・制作する「DRONE BIRD 開発部隊」
3Dプリンタやレーザー加工機など最新のデジタルファブリケーション機器を使い、撮影中に壊れたパーツの修理や新たに設計されたドローンの制作を行う。

・迅速に地図を作る「DRONE BIRD マッピング専門部隊」
ドローンから送信された画像を元に、最新状況を地図に反映していく。この地図は、関係各所を含め世界中にネット配信され、パソコンやスマートフォンで見れるほか、紙地図として自由に印刷し、誰にでも配ることが可能。

実は、「DRONE BIRD」プロジェクトの設備・運営などに必要な資金が不足していて、現在、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで「DRONE BIRD」計画の資金を募っています。日本、そして、世界の災害救援活動の底上げのため、このプロジェクトに興味を持った方は是非チェックしてみてください。

 コンテンツ提供元:READYFOR

関連する記事

クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...
フォトグラファーやビデオグラファーとして活躍するDan Watsonさんは、3人の子どもたちと一緒にビーチで遊んでた。そこでドローンを使って撮影すると……。
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
シングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのきび糖だけでつくる、Bean to Barチョコレートの専門店「ダンデライオン・チョコレート」が新たに開発したプ...
千葉県船橋市の西図書館にて、ドローンによる無人の蔵書点検が行われた。
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
茨城県高萩市で国内初のドローンサッカー大会が開かれる。ドローンサッカーはeスポーツ同様、老若男女問わずバリアフリーで楽しむことができるもの。ドローンを主軸...
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
重量200g未満のコンパクトで持ち運びやすいボディで4Kカメラを搭載した小型ドローン「DJI Mini 2」が今月から発売中。
「アダストリア」が、選べるデザインが限られる人に向けた服を開発・販売するインクルーシブファッションサービス「Play fashion! for ALL」を...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
世界で初めて正式な撮影許可を取って、アボリジニの聖地「カタ・ジュタ」をドローンで空撮した貴重な映像です。
虫のようなドローンの視点を活かして家族愛を表現したワンカットショートドラマ『蜂で繋がる家族』がおもしろい。
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
韓国自動車王手の「ヒョンデ(旧称:ヒュンダイ)」が、高級車ブランドである「ジェネシス」の中国上陸に際してCMを公開。3000台のドローンを用いたSFのよう...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Truck」...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
コロンビアのデザイナーによって新たに開発されたこの義肢。なんと、レゴのようにカスタマイズできちゃうのだとか。生まれつき肢体が不自由だったり、怪我で手足を失...