工事中の「バリケード」すら、アートに変えてしまう美術館

どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損なわないどころか、通るのが楽しみになるじゃん。

このアイデアを思いついたのは、現在3年もかかる大規模な増築をしている「Philadelphia Museum of Art」という、アメリカの美術館。ワクワクした気持ちで訪れた人が、工事用のフェンスを見てガッカリしないようにと、館内で展示している人気作品のレプリカを並べて、屋外ギャラリーを作ったのです。

美術館を訪れる
楽しみが増えました

5cac4ae69148254d0f0bd30d3f2db12f93d26839
Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck

「Philadelphia Museum of Art」の増築工事はかなり大規模なもの。工事用のフェンスが立派な建物の周りを囲んでいるのを想像してみましょう。せっかく、芸術を楽しみたいと思って訪れたのに、なんだか気持ちが下がってしまいますよね。だから、そんなお客さんのために「絵画のバリケードを作ってしまおう!」と、なんとも美術館らしいナイスな発想。

こうして、450フィート(約140m)の壁には、75枚の絵画が並ぶ屋外ギャラリーになったのです。

A2e12fd88f0cf1996c8416ed67d8f694f98379f9
Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck
Fd16fe6458d06a08ce5d44b5722351e2535daef7
Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck
70dd3afd1d4b2475138bbc83a5bbb12424f5fdd9
Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck
778e640b08e3e060bb03ca8e5f88469f11662a51
Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck
722f3ebd92e2de5037c1ab3c095bc44484be7cf8
Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck

アート好きの私からすると、「なんて太っ腹なの!」って喜びの声を上げたくなるような出来事。工事が終われば屋外ギャラリーはなくなりますが、これを見た人々が、興味を持って改めて美術館に訪れてくれることが期待されています。

青空の下で見る豪華な作品が、3年後に撤収されてしまうのはちょっと残念。でも、新しい美術館に生まれ変わったら、さらなるアートとの出会いがきっとあるはずです。

Licensed material used with permission by Philadelphia Museum of Art
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多い...
“杭を打ち込む”。これは工事現場ではよくある光景。大抵一人でやるものですが、ここで紹介するのはちょっと違います。キン・カ・キン・キン息の合った絶妙なチーム...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
美術館って、うとうとしてしまう。座った途端に「待ってました」と重くなる瞼に逆らうのは、至難の技だ。すやぁ……と、眠りに落ちる様子を捕らえるためだけに、美術...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...