工事中の「バリケード」すら、アートに変えてしまう美術館

どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損なわないどころか、通るのが楽しみになるじゃん。

このアイデアを思いついたのは、現在3年もかかる大規模な増築をしている「Philadelphia Museum of Art」という、アメリカの美術館。ワクワクした気持ちで訪れた人が、工事用のフェンスを見てガッカリしないようにと、館内で展示している人気作品のレプリカを並べて、屋外ギャラリーを作ったのです。

美術館を訪れる
楽しみが増えました

Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck

「Philadelphia Museum of Art」の増築工事はかなり大規模なもの。工事用のフェンスが立派な建物の周りを囲んでいるのを想像してみましょう。せっかく、芸術を楽しみたいと思って訪れたのに、なんだか気持ちが下がってしまいますよね。だから、そんなお客さんのために「絵画のバリケードを作ってしまおう!」と、なんとも美術館らしいナイスな発想。

こうして、450フィート(約140m)の壁には、75枚の絵画が並ぶ屋外ギャラリーになったのです。

Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck
Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck
Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck
Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck
Image courtesy of the Philadelphia Museum of Art; Photo by Martin Seck

アート好きの私からすると、「なんて太っ腹なの!」って喜びの声を上げたくなるような出来事。工事が終われば屋外ギャラリーはなくなりますが、これを見た人々が、興味を持って改めて美術館に訪れてくれることが期待されています。

青空の下で見る豪華な作品が、3年後に撤収されてしまうのはちょっと残念。でも、新しい美術館に生まれ変わったら、さらなるアートとの出会いがきっとあるはずです。

Licensed material used with permission by Philadelphia Museum of Art
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
アトランタを代表する美術館、High Museum of ARTは館内で使える“マッチングアプリ”を開発。スマホ画面に展示中の作品が表示され「いいね」する...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ミツロウラップのデビューにおすすめしたい「APIARY MADE」。まずは1年。主張しすぎないデザインもGOODです。
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
2023年にオープン予定のベイルートの美術館「Beirut Museum of Art」。ポイントはなんといってもその独創的な外観。70ものバルコニーから...
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
ロサンゼルスに拠点を置く「ゲティ美術館」が“家の中にある3つのアイテムを使って芸術作品を真似する”企画をおこない話題に。「#betweenartandqu...
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...
アメリカの「スターバックス(Starbucks)」は、7月15日から来店客のマスク着用を義務化する。来店客と従業員の健康と福利を重視した決定とのこと。
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
米フィラデルフィア発のセレクトショップ「Anthropologie(アンソロポロジー )」のオシャレなマスクをご紹介。5月に日本公式オンラインショップもオ...
「無印良品」と「IDÉE」の家具・インテリアが、「寝る」「学ぶ/働く」「くつろぐ」という3種の基本セットになり、お手頃な月額定額料金で利用できるサービス。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
2200の建築パーツと6000以上のアート作品を自由に組み合わせて、オリジナルの美術館が作れるオンラインゲームが誕生。
5月にセーヌ川にオープン予定の美術館があります。その名も「Fluctuart」。入館は無料で、年中開館することになるんだとか。屋根の上からはグラン・パレを...
あの水玉を360°体感できる草間彌生美術館が新宿にオープン草間彌生美術館〒162-0851 東京都新宿区弁天町107https://yayoikusama...
現代アートの雄・KAWSは、現在、オーストラリア・メルボルンの「ビクトリア国立美術館」で「Companionship in the Age of Lone...