草間彌生作品も展示!「バーチャル美術館」でのアート体験がリアルすぎる・・・

2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。

そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はますます重要性を高めていくはずーー。これを受け、海外の人々に日本が誇るアートの魅力を発信すべく立ち上げられたプロジェクトが、ここで紹介する「IJC MUSEUM」です。

まるで、本物の美術館を
訪れているかのような
“圧倒的リアリティ”

改めて説明すると、「IJC MUSEUM」は訪日外国人向けプロモーションメディア「IS JAPAN COOL?」で公開されている、「アート」をテーマとしたバーチャル美術館。日本を代表する現代アーティストたちの作品を、世界中のどこからでも、間近で体感できます。

本美術館は、Exhibition01から07までの7人のアーティスト個々の展示室と、日本の最新アート情報を見ることができる「ART TRIP」展示室の計8部屋で構成。動線に沿った移動はもちろん、 目的のアーティストの部屋を地図上から選択するとそこへの移動も可能。作品に合った最適な空間での鑑賞を楽しめる設計になっているというわけ。

この入り口から中に入ると、

さっそく、草間彌生の代名詞が出現。

360°好きな位置から作品を鑑賞することができます。

拡大することでリアルな素材感を感じることも。

作品をより深く楽しめるような、アーティストのプロフィールやインタビュー動画、制作風景といった情報も豊富。

天明屋尚や、

池田学の作品も登場。

「ART TRIP」展示室では、日本に来たらぜひ訪れてほしい全国各地のミュージアムを総勢30館にわたってピックアップ。ミュージアムの特徴や魅力、開館情報やアクセスまで知ることができる、便利なアートトリップ・ガイドになっています。

「IJC MUSEUM」は、外国人向けのため英語と中国語で発信中。が、日本人が見ても十分に楽しめるはず。まるで、本物の美術館を訪れているかのような“圧倒的なリアリティ”を、ぜひ体感してみてください。

Licensed material used with permission by IJC MUSEUM
他の記事を見る
あの水玉を360°体感できる草間彌生美術館が新宿にオープン草間彌生美術館〒162-0851 東京都新宿区弁天町107https://yayoikusama...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多い...
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
猫と坂道で有名な広島県・尾道エリアで、この地域を回廊のように巡る新たなアートフェス「海と山のアート回廊」が開かれる。それに先駆けて2017年9月16日から...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう。そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...