不要になった⾐服は「Gap」へ!貧困⽀援のリサイクルプロジェクト実施中

カジュアルファッションブランド「Gap」が、不要になった⾐服を回収し、貧困に苦しむ⼈々を⽀援するリサイクルプロジェクト「Gap Recycling Project」を3月1日から始めている。5⽉31⽇までの期間、全国のGapストア(⼀部店舗を除く)にて実施。

今年で4年⽬となる同プロジェクトは、創業者ドリスとドン・フィッシャー夫妻の「Do more than sell close(洋服を売る以上のことをしよう)」という信念のもとおこなっている、さまざまな支援活動のなかのひとつ。

集まった⾐服は、国際協⼒⽀援を⾏うNPO法⼈「ブリッジ エーシア ジャパン」へ寄付し、同団体を通じて古着業者に買い取られることに。換⾦された資⾦はミャンマーベトナムの貧困に悩む⼈々のサポートに活かされる。

実績として、2019年には10トンもの洋服を回収し、その資⾦でミャンマーの⼦どもたちには図書とおもちゃを贈呈。ベトナムの⼦どもたちの奨学⾦のサポートなどに活用された。

新生活を迎えるこの季節。整理から処分を考える衣類をただ捨てたりせず、「Gap」店舗へ持ち込むだけで誰かの笑顔になる……というわけだ。

『Gap Recycling Project』
【回収期間】3⽉1⽇(⽇)〜5⽉31⽇(⽇)
【対象店舗】全国のGap、babyGap、Gap Outlet、The Gap Generation、Gap Factory Store(※福岡三越店、梅⽥⼤丸店、船橋東武店、GapFitストア、成⽥空港第⼀ターミナル店は対象外)
【公式オンラインサイト】http://gapnews.jp/news/74
【回収対象品】
・洋服であることが条件となります(※洋服以外の製品、アクセサリーは対象外)
・Gap以外の洋服もOK
・多少の汚れ・シミ・破れもOK

Top image: © iStock.com/domin_domin
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今月26日、「Gap」のオンラインストアにて新コレクション「Gap Teen」がデビュー。地球とのつながりに強い関心を持つ世代である8歳〜13歳の女の子を...
「Gap(ギャップ)」「Banana Republic(バナナ・リパブリック)」からフェイスマスクが登場。環境に配慮し、肌に優しいコットン100%でできた...
「Gap」からフェイスマスクの第2弾が付け心地&デザインが進化して新登場。
「Gapストア 新宿フラッグス店」が4月3日リニューアルオープン。世界初の「Gapオリジナルブレンドコーヒー」やドーナツなどが楽しめるカフェエリアも登場。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
サステイナブルな生き方への意識の高まりが低年齢化するなか、「Gap」から新ライン「Gap Teen(ギャップティーン)」がデビュー。8歳~13歳の“地球と...
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...