不要になった⾐服は「Gap」へ!貧困⽀援のリサイクルプロジェクト実施中

カジュアルファッションブランド「Gap」が、不要になった⾐服を回収し、貧困に苦しむ⼈々を⽀援するリサイクルプロジェクト「Gap Recycling Project」を3月1日から始めている。5⽉31⽇までの期間、全国のGapストア(⼀部店舗を除く)にて実施。

今年で4年⽬となる同プロジェクトは、創業者ドリスとドン・フィッシャー夫妻の「Do more than sell close(洋服を売る以上のことをしよう)」という信念のもとおこなっている、さまざまな支援活動のなかのひとつ。

集まった⾐服は、国際協⼒⽀援を⾏うNPO法⼈「ブリッジ エーシア ジャパン」へ寄付し、同団体を通じて古着業者に買い取られることに。換⾦された資⾦はミャンマーベトナムの貧困に悩む⼈々のサポートに活かされる。

実績として、2019年には10トンもの洋服を回収し、その資⾦でミャンマーの⼦どもたちには図書とおもちゃを贈呈。ベトナムの⼦どもたちの奨学⾦のサポートなどに活用された。

新生活を迎えるこの季節。整理から処分を考える衣類をただ捨てたりせず、「Gap」店舗へ持ち込むだけで誰かの笑顔になる……というわけだ。

『Gap Recycling Project』
【回収期間】3⽉1⽇(⽇)〜5⽉31⽇(⽇)
【対象店舗】全国のGap、babyGap、Gap Outlet、The Gap Generation、Gap Factory Store(※福岡三越店、梅⽥⼤丸店、船橋東武店、GapFitストア、成⽥空港第⼀ターミナル店は対象外)
【公式オンラインサイト】http://gapnews.jp/news/74
【回収対象品】
・洋服であることが条件となります(※洋服以外の製品、アクセサリーは対象外)
・Gap以外の洋服もOK
・多少の汚れ・シミ・破れもOK

Top image: © iStock.com/domin_domin
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「ギャップジャパン株式会社」は2月2日よりプラスチック製ショッパーの廃止を決定。代わりに再生紙100%の紙製バッグを有料化すると発表。
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...
英ガーディアンによると、イギリス政府が9月から女子学生(11歳〜18歳)に対して、生理用品を無料配布する予定だと言いいます。
子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
サッポロビールが取り組む「ほっとけないどう」プロジェクトの一環として、札幌市の常設BARでスタートした「カンパイ・ファンディング」。乾杯分の売り上げの一部...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
国連が掲げる「SDGs」の認知度を高めるプロジェクト「SDGs×マンガのチカラ」が発足。発起人である浜田ブリトニーのもとに17名の有名漫画家が大集結。SD...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
ここで紹介したいのは「はしながおじさん」というプロジェクトの存在。これは、対象のお箸を購入すると、それとまったく同数のお箸が児童養護施設の子どもたちに贈ら...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。