政府に内緒で、6万人に「インターネット」を届けた男性(ネパール)

ネパールの山奥に暮らす一人の教師が、インターネット環境のない村にワイヤレスネットワークを導入しました。それも政府に内緒で。今から13年前のことです。

オーストリア人ディレクターClemens Purner氏によるドキュメンタリー動画を紹介します。

メールチェックのために
2日間かけて山道を歩く

スクリーンショット 2015-12-14 19.50.07

ネパールで教師として働くMahabir Pun氏は、インターネットが接続できる環境から遠く離れた山村(ナンギ村)に住んでいました。彼は、メールのチェックをするために近隣の大きな町(ポカラ)まで、2日間かけて山を越えていかねばなりませんでした。

これまで6年間、Pun氏は毎月山を越えて、往復4日間の道のりを歩き続けていたのです。

スクリーンショット 2015-12-14 18.50.31

「自分の村にインターネットがあれば…」ついに彼は、環境を変える決心をしました。

2001年、Pun氏は何のつてもないまま「BBC」にメールを送ります。自分の暮らす山村で、インターネットの接続ができるよう援助が得られないか、と嘆願しました。雲をつかむような可能性だったはずです。ところが、何度かメールを送った後、ついにBBC側から返信が。

「ネットを繋げたい」その熱意に
ボランティアがやって来た

スクリーンショット 2015-12-14 19.52.11

スクリーンショット 2015-12-14 19.49.09

「なぜ、ネットワークを繋げたいのですか?」「山奥の僻地に暮らしているから」「どのくらい環境は整っていますか?」「古いコンピューターのパーツを分解し、木箱で自作のデスクトップを作ったところ」

Pun氏の熱意はBBCを動かしました。2001年、彼の活動や山村の現状を紹介する記事がBBCから発信、すぐに「力になりたい」とボランティアが彼の元へと駆けつけてきました。エンジニアとメールを交わし、ポカラからインターネット信号を無線機器で受信するという解決策が伝授されました。ところが、専用のアンテナはありませんでした。

そこで、テレビ用パラボラアンテナで代用。こうして、2002年5月。山頂に設置したアンテナが、ついにワイヤレス・シグナルを受信したのです。

地域医療、教育、
人材育成に大きく貢献

スクリーンショット 2015-12-14 20.22.50

このプロジェクトの成功により、ナンギ村の医療や雇用促進、地域社会の若者への教育に影響が。これにより、国内で学習してから他国でより高いスキルを身につけたり、海外で活躍できるよう若者たちを世に送り出すことが可能になった、と動画の中でPun氏は満足そうに語っています。

ですが、彼の行動は自分の村だけでは終わりませんでした。 2002年、さらに40カ所の村にインターネットを普及させるため、「ネパール・ワイヤレス・ネットワーク・プロジェクト」を開始。今日、ネパールの山村でインターネット環境が普及する礎を築くことに成功しました。

こうした功績が高く評価され、Pun氏はインターネットの開発、普及に大きく貢献した人物に贈られる数々の賞を受賞することに。

実は、政府非公認の活動だった…

スクリーンショット 2015-12-14 20.23.47

さて、動画内では言及されていませんが、実は、これらの活動はすべて政府非公認のものだったと「Big Think」は伝えています。というのも、ネパールは1996年からおよそ10年間に渡る内紛に突入しており、Pun氏がアンテナを立て始めた2002年当時、ネパール政府は、ワイヤレス技術の輸入及び使用を禁止する政策をとっていました。

2006年4月、長きにわたり続いていた内戦にも終止符が打たれました。ようやく国内に安定が訪れ民主主義を取り戻したネパール国民。議会はワイヤレスネットワークの合法化を認め、国内での普及が本格的に始まったそうです。

Reference : BBC , Nepal wireless Network roject  
Licensed material used with permission by Clemens PurnerBig Think

2015年8月23日、ネパール政府は日本人登山家「栗城史多」氏にエベレストへの登山許可証を発行した。同年4月に発生しおよそ9,000人の死者を出したネパー...
〈KHATA(カタ)〉のストール。意外性たっぷりの色使いと高級感ある素材にハマってます。ネパールで製作されているということで、エスニックな空気感は漂わせつ...
フォトグラファーOmar Redaの写真に映るのは、サドゥーと呼ばれるヒンドゥー教徒の修行者たち。彼らの顔に施された装飾をみるとユニークなものばかりで、日...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
9千人近くの死者を出したネパール大地震から半年以上が過ぎた。けれど、復興はなかなか進まず、被災した人たちは苦しい生活を強いられている。そんな現状を多くの人...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...
私たちが普段、新聞やニュースでよく目にする「GDP」や「株価」などの、お金の動きの背景には、様々な人と人とのつながりがあり、信頼関係があります。そのような...
日本では「湯水のように使う」という言葉もあるように、水は気軽に使えるものの代名詞。でも、世界的に見ればそれはとっても珍しいこと。今回紹介するガーナの村も、...
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
現在、日本には200万人以上の「若年無業者」が存在する若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
インターネットがまだ行き届いていない世界中の地域に、ソーラー飛行機を使って空から接続できる環境を届けようという計画があります。Facebook社では、太陽...
ムクロジという木の実の外皮(殻)を乾かし水につけると、プクプク石鹸のように泡が立つ。この特性を利用した天然の洗濯用洗剤が、オランダやベルギーを中心にエシカ...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
2015年4月に起こったネパール大震災。これにより世界最高峰エベレストでは大きな雪崩が発生。日本人男性を含む20人近くの死者を出した。そのエベレストに地震...