「こう見えて、実は甘えん坊なんです」キツネの意外な表情に胸キュンが止まらない!

雪空のなか、凛とした姿でキツネのFreyaが見つめる先には何があるのでしょう。フサフサの毛並みに落ちた雪の結晶がキラキラと光る。その姿に、釘付けになってしまいます。

Freyaを撮影し続けているのは、ポーランドで暮らす19歳の大学生、IzaŁysońさん。『National Geographic Poland』に取り上げられた彼女の写真を、気に入った飼い主から撮影依頼を受けたものの、最初は威嚇をされまくり。近づくことも出来なかったのだとか。

(なにアンタ、誰?)

はじめの距離はこのくらい。心の声が聞こえるかのように、遠くからじっと様子をうかがっています。

警戒している鋭い表情も絵になりますが、季節を越えて撮影を繰り返していくたび、心の距離が近づいていくのを感じることができます。

(あれ、もしかしておやつくれる人なの?)

雪が溶けて暖かくなってきた頃には、ようやく悪い人ではないってこと、わかってもらえたみたいです。

(うーん、お天気って最高!)

夏になると、緑が生い茂る中で外遊びを堪能中。のびのびしている姿も見せてくれるようになりました。

(おっとっと、ちょっとそのままキープしててね)

秋には、Izaさんの肩に乗ってくれるまでに。名前を呼んだら駆け寄って来るくらいまで、もうすっかり仲良しのようです。

(ねえねえ、次はなにして遊ぶ?)

まるで片想いが実った時のように、胸がきゅんと締め付けられますよね。
こんなウルウルした瞳で甘えてくる姿、ひとりじめ出来るなんてズルい!

Licensed material used with permission by Iza Łysoń
野生のキツネといえば、ドラマ『北の国から』だ。あの不朽の名作の復活を望む人は多いと想う。そして、キツネを見ると名シーンを頭に浮かべながら、「ルールルルル」...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
表情豊かな人って、一緒にいて楽しいし魅力的。それってキツネにもあてはまるようですよ。JuniperちゃんのInstagramアカウント、フォロワーは68万...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
欧米では、昔から「赤毛」がネガティブのイメージで捉われていました。たとえばキリスト教ではイエスを裏切ったユダは赤毛ということにされていたり、童話などにおい...
キツネのAylaは、毛皮農場に生まれました。生まれたときから、毛皮になることが決まっていた彼女は、いずれは人間のコートの一部になる運命だったそうです。しか...
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第8回は、OCEAN-TEAB...
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
秋も深まって人恋しい季節になってきましたが、ここで仕事にプライベートに悪天候気味のアナタに、少しの潤いをくれるであろう胸がキュンとする映画をお届け。主役の...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
創業100年を超え、米国発の自動車メーカーとして一時は世界最大の規模として名を馳せた「ゼネラル・モーターズ(GM)」が、約57年ぶりに会社ロゴを新しくする...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
ひたすらに純粋無垢。ファンタジー溢れる。ピュアで胸キュン。これらの写真の良さは色々な言葉で表現できます。が、正直言うと、あえて説明する必要もない気がしてい...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
中央ヨーロッパ、四季折々の湖畔の風景を写した写真を紹介します。空気がピタッと止まったような静けさをきっと感じてもらえるはず。だけど、どこかに感じる違和感。...