動物の形をしたカワイイ陶器に話題殺到!癒される・・・

ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。

すべてハンドメイドの1点もの
ギフトにもぴったり!

th_スクリーンショット 2015-10-10 18.00.20すべて手作りのお皿やコップは、動物の形をしています。例えば、オオカミやコウモリ、狐に猫など愛らしいものばかり。

th_スクリーンショット 2015-10-10 18.01.15目をつぶり、優しい表情をする象。

th_スクリーンショット 2015-10-10 17.59.50落ち着いた可愛らしい表情をしているのが、彼女の作品の特徴。Turowska氏は、一つひとつの陶器にはストーリーがあり、それぞれの動物にはキャラクターがあるといいます。

思わず癒される彼女の作品を、写真で一気に紹介していきましょう。

th_スクリーンショット 2015-10-10 18.03.27th_スクリーンショット 2015-10-10 18.02.33 th_スクリーンショット 2015-10-10 18.02.10th_スクリーンショット 2015-10-10 18.00.10th_スクリーンショット 2015-10-10 18.09.29 th_スクリーンショット 2015-10-10 18.09.42この陶器は、ハンドメイドの雑貨などを扱うショッピングサイト「Esty」で日本からでも購入可能。ギフトにもいいかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Clay Opera - Handmade Ceramics

北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
モロッカン陶器ができるまで幾何学模様の組み合わせでできたゼリージュや鮮やかな色……日本でも人気の高いモロッカン陶器。フェスは陶器の代表的な産地だ。「フェス...
一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく...
SNSにあがっていると思わず「いいね」したくなるような、その存在感だけで十分にかわいいペットたち。ここでは、世界で話題になったワンちゃん(と、自分をワンち...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
「Neon Muzeum」は、その時々の時代を反映したネオンサインが集まるミュージアム。混迷の時代のプロパガンダや戦後のポーランド繁栄を感じられるものなど...
色使いや絵のタッチなど、日本のソレとは大きく異なる東欧のポスター。ポーランドの首都ワルシャワには、世界初のポスターの博物館「Muzeum Plakatu ...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
農作物の新たな価値を届ける企業「Link to Farmland」は、先月10日より、北海道・美瑛町で生産された規格外の野菜を再利用するプロジェクトをクラ...
300年以上の歴史をもつ老舗「中川政七商店」が、2020年秋、初となる複合商業施設を奈良市元林院町、通称「ならまちエリア」に開業する。
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
カリフォルニア発の陶器ブランド「ヒースセラミックス」のポップアップストアが今週末23日より渋谷区千駄ヶ谷のインテリアショップ「プレイマウンテン」にて開催。
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...