いろんな場所で丸くなる、「ふわふわのハリネズミ」に触りたい。

もふもふのお腹とつぶらな瞳が愛くるしいハリネズミ。短い手足で歩く様子も、ウニのように丸くなって針を逆立てる姿も、全部ひっくるめてもう、可愛くて仕方ない!

と、私のように夢中になっている人は意外と多いようで、東京・六本木に続き、今年の2月には原宿にも「ハリネズミカフェ」2号店がオープン。むしろ日本は遅いほうで、欧州ではすでに軽くトレンドになりつつあります。

なかには、こんなアイドル級の人気を誇る子も。Mr.Pokeeは、世界中の愛好家たちのハートをがっちり。

おでかけするハリネズミ

臆病で警戒心が強く、飼育が難しいと聞いていたのですが、この子を見ているとそれが嘘のよう。手のひらにすっぽり収まって、屋外へとお散歩に出かけられるのも、Mr.Pokeeだからこそ?

愛くるしい彼の“おでかけ”見たさに、すでに26万以上のインスタフォロワーが(@mr.pokee)。

関連グッズまで登場

0b1d05cd052a10fd00e184cf3e438c3bcca2d874

なんと、あまりのPokee人気にグッズまで登場しているんです。飼い主のLithaさんは言います。

「彼と暮らすようになってから毎日がしあわせです。どんなにイヤなことがあった日でも、Pokeeといるだけで明るさを取り戻せるから」

こちらまで、見ているだけで元気になれそう。

一日の終わりに
ご褒美動画

最後に、とっておきの動画をどうぞ!

お腹をなでなでされてリラックスムードのPokee。こんな姿見せられたらイヌ派やネコ派も、ハリネズミの愛くるしさに目覚めるでしょ。

Licensed material used with permission by Mr.Pokee
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
SNSにあがっていると思わず「いいね」したくなるような、その存在感だけで十分にかわいいペットたち。ここでは、世界で話題になったワンちゃん(と、自分をワンち...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
カリフォルニア州の動物病院に勤務するEvan Antin医師。彼がとにかくイケメンなんです。大人のセクシーさには、病気だったはずの動物たちも思わずうっとり...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
気まぐれだけど、どこか愛らしい。猫には他の動物にはない、不思議な魅力がありますよね。ロシア在住のイラストレーターLingvistovさんも、そんな猫の魅力...
クリスマスで賑わう英レスターのショッピングモールに現れた、ポップアップストア「Mo Bros」。店員はみなサンタクロースと見まごうヒゲをたっぷり蓄えた店員...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
意外にもチーターはシャイな動物。ライオンやハイエナと一緒に運動させようとしても、馴染めないことが多いのだそう。そこで、米オハイオ州の「コロンバス動物園&水...
人間関係でよく言われるのは、動物にも好かれる人にはいい人が多いということです。実際に自分の周りを見回しても、動物に好かれる人とそうでない人がいるものです。...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...