いろんな場所で丸くなる、「ふわふわのハリネズミ」に触りたい。

もふもふのお腹とつぶらな瞳が愛くるしいハリネズミ。短い手足で歩く様子も、ウニのように丸くなって針を逆立てる姿も、全部ひっくるめてもう、可愛くて仕方ない!

と、私のように夢中になっている人は意外と多いようで、東京・六本木に続き、今年の2月には原宿にも「ハリネズミカフェ」2号店がオープン。むしろ日本は遅いほうで、欧州ではすでに軽くトレンドになりつつあります。

なかには、こんなアイドル級の人気を誇る子も。Mr.Pokeeは、世界中の愛好家たちのハートをがっちり。

おでかけするハリネズミ

臆病で警戒心が強く、飼育が難しいと聞いていたのですが、この子を見ているとそれが嘘のよう。手のひらにすっぽり収まって、屋外へとお散歩に出かけられるのも、Mr.Pokeeだからこそ?

愛くるしい彼の“おでかけ”見たさに、すでに26万以上のインスタフォロワーが(@mr.pokee)。

関連グッズまで登場

なんと、あまりのPokee人気にグッズまで登場しているんです。飼い主のLithaさんは言います。

「彼と暮らすようになってから毎日がしあわせです。どんなにイヤなことがあった日でも、Pokeeといるだけで明るさを取り戻せるから」

こちらまで、見ているだけで元気になれそう。

一日の終わりに
ご褒美動画

最後に、とっておきの動画をどうぞ!

お腹をなでなでされてリラックスムードのPokee。こんな姿見せられたらイヌ派やネコ派も、ハリネズミの愛くるしさに目覚めるでしょ。

Licensed material used with permission by Mr.Pokee
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
象徴的な「ティファニー」のショッパーが、レザーバッグになって登場した。クラフトマンシップの精神が詰まった、モダンなコレクション。日本限定アイテムも!
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
SNSにあがっていると思わず「いいね」したくなるような、その存在感だけで十分にかわいいペットたち。ここでは、世界で話題になったワンちゃん(と、自分をワンち...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
アニマルライツ運動団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」は、猫や犬は私たちと「同等」であるため「ペット」という用語を禁止すべきと主張し、「コンパニオン(...
おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
「Gap(ギャップ)」「Banana Republic(バナナ・リパブリック)」からフェイスマスクが登場。環境に配慮し、肌に優しいコットン100%でできた...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...