「キツネはニワトリと結婚してはいけない」。世界の不思議なことわざ20選

世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。

国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね。納得できるものもあれば、くすっと笑っちゃうものも。

マンチェスター在住のイラストレーター、James Chapmanさんが描いたかわいいイラスト付きで各国のことわざを見ていきましょう。

01.
象が争うとき、傷つくのは草である
(ケニア)

権力者同士の戦いで傷つくのは、弱い立場の人たちだけだ。

02.
どの袋にも、悪いジャガイモは入っている
(ウェールズ)

どんな人の集団にでも、悪影響を及ぼすものはある。

03.
良い農作家は、ガチョウでだって畑が耕せる
(リトアニア)

その道に優れた人は、ダメな道具でも良い仕事ができる。

04.
冬にヨーグルトを食べようとする者は
ポケットに牛を入れていなければならない
(トルコ)

目標を達成するためには、必要な準備をしなければならない。

05.
まくらは、一番の良きアドバイザーだ
(スウェーデン)

問題があるまま寝てしまいなさい。そして、朝にどう思うかを考えてみなさい。

06.
絹の服を着ていても、猿は猿だ
(スペイン)

物事をごまかしたとしても、その物自体が変わるわけではない。

07.
腹をすかしたクマは踊らない
(ギリシア)

良い仕事をするためには、報酬が必要である。

08.
手袋をした猫は、ネズミを捕まえられない
(ゲール)

注意深く、礼儀正しくいても、それでいつも物事がうまくいくわけではない。

09.
自分の匂いを気にするスカンクはいない
(タイ)

間違ったことをしている人は、自分のしていることがわかっていないことが多い。

10.
他のヘビを飲み込んだヘビは、しっぽが2つある
(イボ、ナイジェリア)

自分が噛める以上に、口に含んではいけない。

11.
金があれば、犬も踊る
(メキシコ)

お金は、あり得ないことを起こすことがある。

12.
炎がなければ甘みもない
(エジプト)

甘いお菓子を焼くためには、高温が必要である。

13.
ヘビに咬まれた犬は、ソーセージをも恐れる
(ブラジル)

痛い目を見たあとは、より慎重になるものだ。

14.
本はポケットで持ち歩ける庭のようなものだ
(中国)

書物には、多くの美が描かれている。

15.
あごひげが哲学者を作るわけではない
(イタリア)

見た目で人を判断することはできない。

16.
はちみつが口ひげにつくのは、なめた人だけだ
(アラビア)

犯罪の証拠は、犯人について回る。

17.
空腹の胃に耳はない
(フランス)

腹に食べ物が入っていないと、集中なんてできない。

18.
オオカミと生きるためには、
オオカミのように遠吠えをしなければならない
(ロシア)

危険な状況では、そこに溶け込むように努力せよ。

19.
本は良き友である
(中国)

良い物語は、永遠にあなたと共にある。

20.
キツネはニワトリと結婚してはいけない
(フランス)

相性の良くない人同士というのは、いるものである。

世界各国のことわざ、いかがでしたでしょうか。作者のJames Chopmanさんは、Etsyで書籍やイラストブックも発売中。一度チェックしてみては?

Licensed material used with permission by James Chapman, (Instagram), (Twitter)
ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のよ...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
野生のキツネといえば、ドラマ『北の国から』だ。あの不朽の名作の復活を望む人は多いと想う。そして、キツネを見ると名シーンを頭に浮かべながら、「ルールルルル」...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
キツネのAylaは、毛皮農場に生まれました。生まれたときから、毛皮になることが決まっていた彼女は、いずれは人間のコートの一部になる運命だったそうです。しか...
最初は警戒して威嚇をされまくり、近づくことも許してくれなかったキツネのFreyaが、撮影の回数を重ねていくたびに少しずつ心を開いてくれるようになる。その様...
多くの人にとって「結婚」は、人生最大の出来事のひとつだと言えるかもしれません。人生にはさまざまな節目がありますが、結婚までの時間も本当にかけがえのないもの...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
誰もが知るキャラクターたち。映画やアニメの世界だと大活躍するものの、現実世界に登場させたら話がおかしくなってしまった…。そんな笑える7枚のイラスト。疲れた...
欧米では、昔から「赤毛」がネガティブのイメージで捉われていました。たとえばキリスト教ではイエスを裏切ったユダは赤毛ということにされていたり、童話などにおい...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
「結婚すれば安定が手に入る」と考える人も多いかもしれませんが、果たして「安定」とはそこまで望ましいものなのでしょうか。まだいろんなことに挑戦できる、ある意...
家族や恋人、友人など、周りの人に対する愛の形はそれぞれです。でもすべてに共通する大切なことは「相手を思いやる」ということ。ここでは、世界のさまざまな「想い...
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
いつの時代も「きれいごとだけでは済まされない」のが恋愛事情。そこには、美しい名言から、本質を突いたシニカルな言葉まで、数多く存在します。ここでは、家入一真...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...