エキゾチックでフルーティー。日本で飲めなかった「幻の日本酒」が先行発売!

宮城・田中酒造店が、世界一のソムリエ監修のもと作り上げたブレンド日本酒の第2弾となる最新シリーズ「TANAKA 1789 X CHARTIER BLEND 002」の先行販売が、応援購入サービス「Makuake」にて、2021年5月7日よりスタートした。

昨年8月に初リリースされた第1作目「TANAKA 1789 X CHARTIER BLEND 001」は、世界一のソムリエ「フランソワ・シャルティエ」を酒蔵に迎え入れ、3年間の試行錯誤を経てデビュー。

精米歩合28%まで磨き上げた非常に贅沢なお酒で、最も名高い山田錦美山錦を使用し吟醸造りにて丁寧に醸されており、伝統的手法を用いた本格製法で仕上げた大吟醸酒だ。現在、世界約10ヶ国のミシュラン星獲得店で提供されているという。

それをアップデートさせ、今回発売となる「TANAKA 1789 X CHARTIER BLEND 002」は、更に原料、製法などクオリティを追及し、これまでの日本酒の概念を超えた新しいお酒に仕上がったとのこと。

主要アロマは、ローズ、ハニーデュー、ライチ、アーモンドミルク。口あたりはコクがあり、ジューシーでフルーティーな味わいがアクセント。後味は、白桃、アーモンド、リンゴ、バラ、ライチ

エキゾチックなアロマの味と口の中で弾けるフルーティーなスタイルを感じ、アルザスの最高のワインであるピノグリを連想させる味わいなのだとか。

今までにない魅力を持って、日本酒の新たな扉を開いてくれそうな一品だ。

©GLION GROUP
©GLION GROUP

「TANAKA 1789 X CHARTIER BLEND 002」

【「Makuake」プロジェクトページ】https://www.makuake.com/project/brend002_sake/

Top image: © GLION GROUP
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
結成25周年を迎え、10枚目となるアルバム『メディスン・アット・ミッドナイト』のリリースを控えるフー・ファイターズが、オリジナルの日本酒を発売することを発...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。
「日本酒蔵組合中央会」が、業界初の試みとして「日本酒」をテーマにした動画作品を募集中。
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
「GO POCKET」は、もっと日本酒を飲むシーンを自由に選べるようにすべく開発された、どこにでも持ち運び自由な一杯飲みきりタイプの日本酒。スキー場やスポ...
佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」は、「atmos」とコラボし、佐賀県の日本酒をフィーチャーしたオリジナルグッズを展開。 ストリートカルチャー...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
先月発売された「ワイングラスで飲む純米大吟醸6蔵」は商品名が示す通り、純米大吟醸で揃えた日本酒はどれもフルーティーで香り高くワインのようにグラスで愉しめる...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
熊本の老舗酒蔵「美少年酒造」の大吟醸酒をそのまま配合した除菌アルコールハンドスプレー「Mistgram60」が今月20日(金)から発売。
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
「シンガニ」とは、中南米のボリビア産の蒸溜酒で、ボリビアの特定の地域でとれたマスカット・オブ・アレキサンドリアから作られた蒸留酒のみを指し、原産地名称保護...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
日本有数のワインの銘醸地、山梨県でそだった日本固有の土着ぶどう「マスカット・ベーリーA」でつくるライトボディの赤ワインです。
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...