衝撃!いつものバニラアイスが極上の味に変わる「ちょい足し」術

アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない……。ならば、それらに負けないバニラアイスを自分で作ってしまいましょう!

安いアイスでも「ちょい足し」するだけで高級な味になるテクニックとは?

オリーブオイルと
粉チーズをトッピング

D575c19ea0a9f3581e50bb35b0b52cca45be29a8

用意するのはバニラアイス、オリーブオイル、粉チーズのみでOK。アイス1カップに対して、オリーブオイルと粉チーズを、それぞれティースプーン1杯程度かけるだけ!これぞ「ちょい足し」ですね。

78783536300f7c592d49a9c6b18e900c44ee6d03

オリーブオイルの風味ととろみ、チーズのまろやかな塩気がアイスクリームの甘さに溶け込み、濃厚な味わいになります。シャリッとした食感もプラス。

節約しつつ高級な味が、しかも簡単に味わえちゃいますよ。

寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...
まだまだ寒い日が続きます。が、寒くなくたって「おしるこ」は、ほっこり気分にさせてくれる和スイーツ。あんことお餅の絶妙コンビにちょっとしたアレンジを加えるだ...
空想の中でひとり遊びをしていた小さな女の子アメリは、そのまま大人になって今はモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことは、クレーム・ブリュレの焼き...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
カフェやレストランでウェイトレスに向かって、「熱い愛をください!」と言っても目をまん丸くされないのは、もしかしたらドイツくらいかも。こんなラブコメのセリフ...
アメリカでは7月は「アイスクリーム月間」。さらに第3日曜日は「アイスクリームの日」。だからか、7月にインスタグラムに流れてくるのはアイスクリームのポストば...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイス...
海外で健康食とのしてのイメージが定着している日本食ですが、近年は「抹茶」をコーヒーの代わりに愛飲する人たちも多いんだとか。でも、私たちからすればアイスやケ...
まずは、この一枚の写真を見てください。一見すると、ドッジボールやバレーボールに使えそうな青い球体。でも、決して「球技用」に作られたものではありません。実は...
スイーツに関連する調査でも、必ずトップに入り込む定番デザート「アイスクリーム」。しかし健康やダイエットのためにあまり食べないようにしている人も少なくない。...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
もちろん、そのままだって十分においしいのですが、そこにちょい足しするだけでもっとアジアが近くなるっていうか。
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
白いプリンに赤いソースが華やかなこのスイーツは、イスラエルの「マラビ」というもの。大切な来客のおもてなしや、祭事につくってみんなで食べる、特別感のあるデザ...
フルーツをふんだんに使ったカラフルなアイスバーもいいけれど、おうちでサラッと作るなら、一口サイズの「ロリポップ型」がおすすめです。ころんとキュートな見た目...
岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。岐阜県関市は、かつて世間をザワつかせたPRムービーでもあったように「日本一の刃物のまち」。そんなま...