家にあるココア、これを足して飲んでみて。

袋で買ったのはいいけど、一人暮らしだとどうしても消費しきれないココア。棚の奥に眠らせたりしていませんか?

そこで、いつもと違う飲み方の提案です。ココアにちょい足しするとおいしい意外な食材をランキングで紹介します。

1位
しょうが

カカオはカレーの隠し味としても使われるほど、香ばしさとスパイシーさのある食材です。そのスパイシーさが、しょうがとマッチして、口の中にピリッとくる感じがたまらないんです。体を温めながらいつもと違った味を楽しめますよ。しょうがはすりおろして絞り汁を入れてみてくださいね。

2位
温めたりんごジュース

ココアにりんごのフルーティーさが加わって意外な顔を見せてくれます。一口すすると、ココアの濃厚なコクのあとにりんごの風味が訪れ、カカオのこうばしさと絶妙にマッチするんです。ここにバターを加えてもおいしいですよ。

 

3位
コショウ

ココアは前述の通り、スパイシーさを併せ持つ食材。スパイスの王道であるこしょうもかなり合うのです。最後にこしょうをひと振り…それでも手軽でいいのですが、ここはちょっと試してみていただきたい方法があります。

ホールのブラックペッパーを牛乳と一緒に煮込み、そのまま一緒にカップに注ぎ入れます。噛まないように注意しながら飲んでみると、じんわりスパイシーが強調されていつものココアと違った味が楽しめます。

はっきり言って、ココアの飲み方が変わります!
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
ジムで「プロテイン飲んでみませんか?」と勧められたとき、即座に「いいです」と断ってしまった。そのパッケージがすごくギラギラしていて「マッチョになりたい人の...
お持ち寄りのフードも違えば、パートナーの質だって違う。そのくらい20代前半と後半には差があるようですよ。
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
家飲みのシーンで飲み残しのワインって結構ありますよね。もちろん栓をして保存しておくこともできますが、こういうときにちょっと思考を変えて作ってみてほしいソー...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
鳥のカタチをしたレモン絞り器「バードレモンプレス」。くし切りにしたレモンを中に入れて、ギュッとプレスするだけ。片手で簡単にレモンを絞れます。ティーカップに...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
具材のうま味がたっぷり滲み出たあのオイル、バゲットにつける他にも楽しみがあります。
何がおもしろそうって、ゲストが好きなように具材をパンにはさんで楽しむところ。ブレックファストサンド、いいかも。
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!