最高に夏気分なカレー。隠し味に「お酢」

すりおろしリンゴ、はちみつ、ウスターソース、チョコレート、コーヒー……。隠し味によってさまざまな仕上がりに変化するカレー。家庭ごとの味わいは、こうした“ちょい足し”がミソですよね。

では、こんな隠し味はいかがでしょう?

仕上げに「お酢」の清涼感

© iStock.com/kazoka30

ちょっとビックリするかもしれません。

でも、煮込んだカレーの仕上げにお酢を加えてひと煮立ち。これだけで清涼感がぐんと増して、夏どきにぴったりな味に仕上がるんですよ。目安はカレー2人分に対して大さじ1から。この“から”というのもポイントで、お好みで増やしてもOK。

酸っぱいカレーといえば、「ポークビンダルー」が有名ですが、チキンやビーフが主役のカレーにお酢を入れても驚くほどおいしくいただけます。

真夏のカレーにぜひお酢を!

Top image: © iStock.com/NalYukoY
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
いつものあの味、あの料理に「ちょい足し」するだけで、劇的に美味しくなるものがある。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
食べたいときに、たった3分で本格カレーが食べられる。「ザ・クラフトカレー」。
グルテンフリー&無添加のカレーパウダーをインスタントコーヒーのようにお湯でさっと溶かして飲む「DRINCURRY(ドリンカレー)」が登場!
冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
世田谷区奥沢にオープンした「D&DEPARTMENT DINING(現「d食べる研究所」)」で、創業当時から続く人気メニュー「d&ドライカレー」がレトルト...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
スフィンクスなどの組み立て説明書を模したこの広告は、今年の3月までに、エジプト北西部・ギザ県にIKEA新店舗をオープンすることを記念して作られたもの。ギザ...
シャンゼリゼが新たな魅力溢れる通りに生まれ変わろうとしている!
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
冬になると飲みたくなるホットドリンクの代表格とも言える、ココア。袋で買ったら、一人暮らしだとどうしても消費しきれないという方も多いのではないでしょうか。そ...
サラダやドライカレーにトッピングするレーズンは見慣れていても、これをバルサミコ酢に漬け込むというのはあまり聞いたことがないかもしれません。甘酸っぱさが引き...
世界の味をバターで表現する「CANOBLE(カノーブル)」から、いつもの料理にチョイ足しするだけで本格タイ料理を楽しめるブールアロマティゼ「トムヤムクン」...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...