お湯にさっと溶かして飲むカレー「DRINCURRY」が夏の新定番に!?

最初に断っておくとカレースープではなく、これはカレー味のホットドリンク。グルテンフリー&無添加のカレーパウダーをインスタントコーヒーのようにお湯でさっと溶かして飲む、新しいスタイルのホットドリンクだ。

15種以上のスパイスに野菜、昆布、チキンのうま味をプラスした「DRINCURRY(ドリンカレー)」は、白湯(さゆ)にスパイスを加えて飲むという、開発者の朝活から生まれたアイデア。

お湯150mlにドリンカレーを小さじたっぷり1杯。鼻を抜ける匂いはカレーそのもの。最初のひと口はやや薄味と感じるものの、飲み進めていくうちに舌の先端、両サイド、奥にそれぞれのスパイスが甘さ、辛さ、しびれを感じ、カレーを味わうあの満足感を与えてくれる。もちろん“食べる方”に使ってもいい。

夏の暑さを乗り越えるカラダづくりに、クーラーで冷えたカラダを温めるのに、飲みたいときに気軽に味わう飲むスパイスカレー。お酒好きの方なら、焼酎のお湯割にドリンカレーを少々なんて楽しみ方もアリ。(150g / 約30杯分で税込1512円)

まだまだ残暑厳しいこの時期はもちろん、冬に向けても。「ホット&スパイシーなドリンカレー」──新定番の誕生だ。

©DRINCURRY
Top image: © DRINCURRY
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。