お湯にさっと溶かして飲むカレー「DRINCURRY」が夏の新定番に!?

最初に断っておくとカレースープではなく、これはカレー味のホットドリンク。グルテンフリー&無添加のカレーパウダーをインスタントコーヒーのようにお湯でさっと溶かして飲む、新しいスタイルのホットドリンクだ。

15種以上のスパイスに野菜、昆布、チキンのうま味をプラスした「DRINCURRY(ドリンカレー)」は、白湯(さゆ)にスパイスを加えて飲むという、開発者の朝活から生まれたアイデア。

お湯150mlにドリンカレーを小さじたっぷり1杯。鼻を抜ける匂いはカレーそのもの。最初のひと口はやや薄味と感じるものの、飲み進めていくうちに舌の先端、両サイド、奥にそれぞれのスパイスが甘さ、辛さ、しびれを感じ、カレーを味わうあの満足感を与えてくれる。もちろん“食べる方”に使ってもいい。

夏の暑さを乗り越えるカラダづくりに、クーラーで冷えたカラダを温めるのに、飲みたいときに気軽に味わう飲むスパイスカレー。お酒好きの方なら、焼酎のお湯割にドリンカレーを少々なんて楽しみ方もアリ。(150g / 約30杯分で税込1512円)

まだまだ残暑厳しいこの時期はもちろん、冬に向けても。「ホット&スパイシーなドリンカレー」──新定番の誕生だ。

©DRINCURRY
Top image: © DRINCURRY
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました。弥生美術館・竹久夢二美術館に併設されているカフェ、夢二カ...
専門店に負けないスリランカカレー。それもビュッフェスタイルで!
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました!白洲正子の叔父にあたる人物が、シンガポールで食べて気に入...
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
カレーグランプリのチャンピオンが開発したという本格的なスパイスカレーで、15種類以上の調味料を使いながら仕上げている。美容や冷え対策にも効果的な調味料も含...