スパイスの香りに誘われて、鎌倉・築100年の古民家へ。

写真は、鎌倉・極楽寺に建つ築100年の日本家屋。板の間や大黒柱に年輪のように染み付いた白檀や沈香の薫り……を外見だけで連想してしまう。

はじめて訪れた場所なのにどこかノスタルジアを覚えたり、DNAが反応してしまうのは、こうした「におい」に起因するところが大きい。

ところが、ここ「アナン邸」にいたっては、その香りがカルダモンやクミン、ターメリック、あるいはフェンネルといった重層的なスパイス香に取って代わる。視覚と嗅覚に起きたこのギャップに、瞬間、自分がどこにいるかさえ分からなくなった。

古民家で試作する
日本の食卓に合うスパイスカレー

先に断っておくと、アナン邸はインド料理店の類ではない。つまり、ここを訪れても残念ながらスパイスの効いたカレーにありつくことはできないのだけれど、月に1度だけ、ごく限られた人たちを招いての試食会が行われている。

スパイス商アナンのオンラインサイト「Internet of Spice」のレシピ開発がその日にあたる。

大きく開け放った縁側の窓の向こう、ていねいにバットに並べられた野菜、鶏肉、そして色とりどりのスパイス。それらを手際よく撮影していくと、食材はキッチンへと運ばれていった。

テンパリング(油でスパイスを熱すること)されたスパイスの香りが、部屋中に充満し、お腹の底がぐっと鳴りだした。

スパイスは、
おいしい料理の立役者

「スパイスは映画に喩えるならば名脇役」

こう表現する鎌倉育ちのメタ・バラッツは、アナンの三代目。祖父の代に創業し、本格的なインドカレーを日本人に合うよう、優しく紹介してきた父、そして独自にブレンドしたスパイスで出張料理やワークショップを通して、人と地域をつなげているのがバラッツだ。

主役(食材)を引き立て、ときに掛け合わせで生き生きと変化する。香りや効能を考えながらブレンドしたカレースパイスは、注文を受けてから袋詰めされるため、香りも風味も損なわない。

バラッツの情熱に共感し、手伝いを買って出たのも鎌倉在住の仲間たち。モノのインターネット化(Internet of Things)ならぬ、スパイスのインターネット化を目指している。

調理もウェブ公開もリアルタイム

インド直送の新鮮なスパイスの他にも、カレー粉、豆、茶葉も扱うが、単にネット販売するだけでなく、日本人の口に合う、日本の食卓のためのカレー料理をレシピや動画とともに紹介しているのもおもしろい。

スパイスを駆使して作るカレーなんて、夢のまた夢。少なからずそんな想いを抱いている人もいるだろう。

そこで彼らが制作し、インスタ投稿している動画をまずは見て欲しい。作り方の手順、スパイスを入れるタイミング、早回しではあるけれど、すべてが手に取るようにわかるはずだ。

前述の材料撮影ももちろんこのため。スパイス料理の垣根をぐんと引き下げてくれる、一助になっていることにも注目。

ところで、古民家の風体とはイメージを異にするほど現場はハイテク、かつリアルタイム。

換気扇の淵に設置したiPhoneを駆使して、真上から鍋の中を定点観測し、Wi-Fi経由で送られたデータが、キッチンから続く隣の部屋ですぐさま編集にかけられる。撮影したばかりの生データはその場で加工され、公式ページやSNSへと発射されていく。

細かいレシピや調理の際のポイントも、これまた台所のバラッツからその場でヒアリングしたものだ。

そうこうしているうちに2品、3品。ハッシュタグをつけて投稿されるおいしそうな一皿に、すぐさま「いいね」のリアクションがつく。不定期といえど、ファンはもう知っているようだ。料理こそ提供しないものの、アナン邸はおいしさを届けるラボとしての機能を果たしている。

コリアンダーとココナッツが好相性の「コリアンダーチキンカレー」

隠し味に梅干しを入れた「菜の花と鰆のフィッシュカレー」

おいしい匂いに誘われて…

「週末、カレー作るよ」

もしかしたら、そんな軽い誘いの言葉だけで成立する関係なのかもしれない。この日、試作のカレーを求めて同じ鎌倉に暮らす友人たちがアナン邸に集まってきた。まるでスパイスの香りに誘われるように、ひとり、またひとりと。

ところがこの人たち、聞けばInternet of Spiceのパッケージデザインを担当していたり、撮影に使うお皿を焼いた人がいたり。みな鎌倉という土地でつながり、それぞれのスキルを活かしてバラッツを支えている。

ともするといちばん身近で、いちばん楽しい(厳しい?)試食会。新たなメニューが世に送り出される背景には、スパイスがつなげたコミュニティーが存在した。

ふと思ったことがある。

「週末、スパイスからカレー作るよ」

市販のルーを用いた“いつものカレー”が悪いわけじゃない。けれど、わざわざスパイスを準備して、イチからカレー作りにチャレンジしてみるのも悪くない。腕に自信がなくたって、できあがりが多少思い通りにならなくたっていいんじゃないだろうか。

そうやって気の合う仲間たちと一緒に料理する楽しみや、食卓を囲む喜びを思い出していた。ひとつのことを目的にみんなで集まる週末が、なにか単なる「宅飲み」よりも数段いとおしく思えてならなかった。

Licensed material used with permission by Internet of Spice, (Instagram)
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
「ダンデライオン・チョコレート鎌倉店」がオープンしたのは、鎌倉駅の西口から徒歩1分、東口から出ても、2分歩けば十分に到着する絶妙な立地条件だ。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
6月6日の水曜日。東京は雨。そんな日にぴったりなお話と音楽を。
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
3,000円の“年貢”を納めれば誰でも“村民”になれる村があると聞けば、ちょっと興味本位で納めてみたくなってしまったのは僕だけではないはず。実際、この村=...
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
棟方志功、坂口安吾、シャンソン歌手の石井好子……。著名な文化人に愛される、群馬県桐生市にあるカレー店「芭蕉」。創業は昭和12年。店内には巨匠・棟方志功の壁...
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた神奈川・小田原市の名産「ほととぎす巻」。落花生...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
突然ですが、少しだけ小学校時代を思い出してみてください。時期は夏休み終盤。ニ学期の開始まで、残り一週間を切っています。ほとんどの人は依然として宿題が残って...
今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...
エスニック料理の代名詞クミン。セリ科の1年草でどちらかというとインドや中近東をイメージする独特の強い香りがありますよね。カレーパウダーの主原料としてもお馴...
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
世界のコーヒー文化の多様性を知る手がかり、そのひとつが飲み方。はちみつ、シナモン、バター、レモン、塩、真っ赤に焼けた木炭まで入れる国もあります。では、数あ...