おやすみ前に一杯。「黄金色」のミルク

知ってますか?寝る前に飲みたい快眠ドリンク「ゴールデンミルク」。
"ゴールデン"と言われる理由は、ターメリック(ウコン)が入っているからなのですが、非常に栄養価が高く、チャイなどに比べて手軽に飲めるため、いま欧米を中心に世界的に注目されています。

以前紹介したレシピでは、すりおろした生ウコンを使用していましたが、生のウコンなんてハードル高い……という声も

生ウコンでなくても、カルダモンやシナモンなどを調合して飲みやすくした粉末タイプもあり、その「素」を使えば、ものすごく簡単。今回は、実際にトライと思います!

作り方は、

火にかけて、材料を混ぜる。以上。

 

ね。

ものすごく簡単でしょ?

まず用意するのは、

6309038992130048

・牛乳 200〜300ml(約マグカップ1杯)
・ゴールデンミルクブレンド 小さじ1/2 〜1
・黒糖 大さじ 1 (ハチミツ 大さじ1)※上白糖でもOK

 

まず、牛乳を沸騰させないように弱火で温めて、
スパイス、黒糖を入れたら、

6483526601932800

 

ダマにならないように
しっかり混ぜたら、

5853917816553472

 

もう、完成。あっという間!

6210577940611072

豆乳やアイスクリーム、ハチミツ……
手軽にアレンジ!

牛乳で作るのが一般的ですが、牛乳の代わりに豆乳を使うのも個人的にはおすすめ!どことなく「和」な味わいになりますよ。

このほかにも、氷を入れたグラスに注いでアイスで飲んだり、アイスクリームやサフランを乗せてみたり、ハチミツで甘みを追加したりと、アレンジも自在!

ちなみにハチミツを使う場合、加熱中のミルクに直接投入するのではなく、出来上がったゴールデンミルクに足してくださいね。

5554963262472192

インドの知恵を「食」から学ぶ

ちなみに今回使用したのは、カレースパイス専門店〈アナン(株)〉の「ゴールデンミルクブレンド」。

同社のメタ・バラッツさんいわく、

欧米では「おしゃれドリンク」として火が付いていますが、もともとインドの飲み物。昔から風邪をひいた時などのホームレメディ(民間療法)として飲んでいます。

とのこと。
日本でいう、首にネギを巻く的な感じでしょうか。
作り方については、

ゴールデンミルクはとくに簡単ですが、基本的にはインドカレー作りの考え方とほぼ同じ。ベースにスパイスを入れて香りを立たせています。ちなみにこのゴールデンミルクの素をカレーに使ってもOKですよ。

とバラッツさん。
ウコンに入っている「クルクミン」という成分は、乳製品に入っている「ラクトース」と一緒に摂取すると、より体に吸収されるそう。その合理性が、欧米でいまでも続く健康ブームのなかで再発見され、日本でも流行りつつあるのではないか、と話してくださいました。ちなみにブラックペッパーもクルクミン摂取の効率を上げる効果があり、商品にはブレンドされています。

"スパイスを使ったドリンク"と聞くと、なんだかハードルが高く感じてしまう。けれど、作ってみると意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらいでした(笑)

自分好みのアレンジを加えたり、はたまたインドカレーやチャイ作りにまで幅を広げたりと、スパイス豊富で体によいインド料理を、もう少し身近に生活に取り入れたいものです。

ちなみに「ゴールデンミルクブレンド」は、Internet of Spiceにて購入できますよ。

Licensed material used with permission by Internet of Spice
ウコンは、「お酒のお供」なだけじゃない。美への近道切符だ。
「ゴールデンラテ」、「ゴールデンミルク」とも呼ばれているコチラの飲み物。カラダにもよく、美味しいと評判なのです!シナモンで描いたラテアートもかわいい♡ で...
ちょっと大きめで2人用の鍋のイメージで使える。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」!
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
ここ数年若者の間で人気の「ターメリックラテ」。スイーツにアレンジしてみたら、美への探究心が強めな方向けの一品ができました。
「Food52」から気軽に作れるパンナコッタのレシピをご紹介。ウコンやナツメグ、シナモンを用いて甘すぎない、ちょっぴりスパイシーな仕上がり。包丁も使わない...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
お店に行くと、ずらっと棚に並んでいるチョコレート。よく見かける「ダーク」と「ミルク」だったら、あなたはどちらを選びますか?恋愛系の記事で人気の女性ライター...
人生最後に1つだけ願いが叶うとしたら何がいいか。アメリカで人生の最期をホスピスで送っていた女性の場合、地元の「ミルクシェイク」を飲むことでした。友人やレス...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
インドのお土産でもらったチャイブレンドの紅茶。その茶葉はもうなくなってしまったけど、裏面の原材料をメモって今でも時々作っている。現地では、地域や家庭によっ...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
The Field Roast Grain Meat社が販売している「CHAO SLICES」は、とろける様子も完全に普通のチーズそのもの。だけどヴィーガ...
そらが少し高くなり、頰をすぎる風もちょっとずつ冷たさを増してきました。そろそろ風邪や冷えの予防をはじめる時季。体をあたためる食材にショウガがあります。これ...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...