鎌倉市図書館の公式Twitterアカウントが話題に!「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は・・・」

突然ですが、少しだけ小学校時代を思い出してみてください。時期は夏休み終盤。ニ学期の開始まで、残り一週間を切っています。

ほとんどの人は依然として宿題が残っていたでしょう。しかも、自由研究や読書感想文といった「難題」が。なのに、まだまだ友だちとは遊び足りません。あー、新学期が憂鬱だなあ…。

とまあ、心境はこういったところですよね。でも、そんな精神状態のときにこのツイートを見かけたとしたら、少しだけ気が楽になると思いませんか?

これは、2015年8月26日に鎌倉市図書館公式アカウントが投稿したもの。これまでにリツイート数が10万回を超えるなど、大きな反響を呼んでいます。

一部からはネガティブな意見も寄せられたようですが、ほとんどは「優しさ」や「気遣い」への称賛の声。内容の是非はさておき、そもそも図書館の公式アカウントが、このような温かいメッセージを発信している事実自体が興味深いですよね。

でも、実はそんな親しみのあるツイートは、これだけではありません。今回は、同アカウントの投稿の中から「人間味溢れるつぶやき」をいくつかピックアップして紹介します。

なんだかコチラまで優しい気持ちになりますよね。

注目は毎日投稿される「今日は何の日?」というツイート。その日に合った内容の本を紹介してくれるだけでなく、「そんな日あったんだ!」と思うような豆知識だって発信してくれます。

今回の件で、一気にその存在感を高めた鎌倉市図書館。癒やされたい方、ちょっと役立つ知識を得たい方は、ぜひ公式アカウントをフォローしてみては?

Licensed material used with permission by 鎌倉市図書館

日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
「ダンデライオン・チョコレート鎌倉店」がオープンしたのは、鎌倉駅の西口から徒歩1分、東口から出ても、2分歩けば十分に到着する絶妙な立地条件だ。
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
オランダにある建築事務所『MVRDV』がデザインした「天津濱海図書館」は、壁一面が本棚となっている。ロビーにある大きな球体は、外から見ると巨大な「眼」に見...
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
リビングにいても、キッチンにいても、本を開いた途端、そこが図書館になる。それならば、もういっそのこと、どっぷり本の世界に浸ることができる家具をつくりたい。
顔を見たことがない相手に恋をする。映画やドラマの世界ではあり得るシチュエーションでも、実際にはこの上なく非現実的。けれど、映画化されても不思議じゃない、イ...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...