レトルトよりも超速。3分で作れる「ザ・クラフトカレー」

「クラフト」といえばビールに始まり、焼酎、ジン、チョコレートなどが頭に浮かぶが、「株式会社FOOD CORNER」が開発した「ザ・クラフトカレー」とは、これいかに?

「食べたいときに、たった3分で本格カレーが食べられる」というのが「ザ・クラフトカレー」の売り文句。

こう聞くとレトルトパックをイメージするはず。否、カレーをフレーク状にすることで水に溶けやすく、極限まで調理を簡単にアレンジ。器にフレークを入れて水を注いでレンチン3分。たったこれだけで本格カレーの出来上がり。もちろん、単に「ルーだけ」のカレーではない。

フードペアリング理論をもとに玉ねぎと赤ワインの相性に注目し、直火で玉ねぎを1/10の容量になるまでじっくり6時間炒め、最良の配合率でスパイスを加える。選び抜かれたフランス産ロレーヌ岩塩を用い、小麦粉もギリギリまで控えている。結果、生原料(野菜とフルーツ)が1/3の比率を占めるカレーが完成した。

時間がないときはレンチンで、じっくり作りたい日は、好みの具材を加えてコトコト煮込んだりと、アレンジも自由自在だ。5食分×2セットで4280円(税込)から。

考えてみれば、スパイスを独自に調合して作るカレーは、すべてクラフトといえばクラフト。でも、レトルトよりも超速。たった3分とは……。いやはや、恐れ入った

©Makuake
©Makuake
『ザ・クラフトカレー』
 
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
世田谷区奥沢にオープンした「D&DEPARTMENT DINING(現「d食べる研究所」)」で、創業当時から続く人気メニュー「d&ドライカレー」がレトルト...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
グルテンフリー&無添加のカレーパウダーをインスタントコーヒーのようにお湯でさっと溶かして飲む「DRINCURRY(ドリンカレー)」が登場!
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
今回は代官山にある「MARGOTH(マルゴ)」。“ステーキ×カレー”っていう夢のコラボレーションを食べてきたで!SNSで人気のお店って実際はどーなんよ?見...
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!